1. 部下の育成に関する悩みをなくすために読んでおきたい3冊の本

部下の育成に関する悩みをなくすために読んでおきたい3冊の本


 3年〜4年働いていると自分に部下が就くようになり、部下の育成もしていかなければならないでしょう。しかし、どうやって育成していけば良いのか分からない…と悩みを抱える人も多いでしょう。


 ここでは、部下を育成するにあたって読んでおきたい本を幾つか紹介していきたいと思います。

部下育成の教科書

 最初に紹介するのは「部下育成の教科書」という本です。この本は「ものさし」というモデルを使い、部下に対する仕事の適切な割り当て、タイミングの合った支援や指導、公平な評価を行うための方法が紹介されています。


 マネージャー職となり、部下の育成をしなければならなくなった時は、まずこの本を読むと良いでしょう。

コーチング・バイブル

 こちらの本は、部下を育成するにあたったの基礎が盛り込まれた本となっています。この本を読めば、部下を育成するにあたって、どういったことを大切にしていけば良いのかが分かることでしょう。


 部下の育成にあたった何か悩みが出てきたり、もっと効果的な方法を見つけた良いと思った時に読んでみると良いかもしれません。


最高の上司が実践する哲学

 最後に紹介するのが、「最高の上司が実践する哲学」という本です。こちらは、「理想の上司と愚かな上司」について書かれた本となっているため、上司としてどうあるべきかを理解することができます。


 

 以上、部下を育成するにあたって読んでおきたい本を紹介してきました。部下の育成方法に疑問を感じたり、どうやって進めていけば良いかなど悩みを抱いた時は、ここで紹介した本を読んでみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する