1. プレゼンスピーチでの適切な1分間の文字数とそれに合わせた話し方

プレゼンスピーチでの適切な1分間の文字数とそれに合わせた話し方

 プレゼンでは自分の伝えたいことや商品の説明をわかりやすく行うことが求められますが、その際に発表している人が1分間にどれぐらいの文字数で話ているのかということも重要になります。ここでは、プレゼンスピーチにおける、1分間に話す文字数の適切な量を示し、適切な文字数にするための方法を紹介していきます。

1分間に話す適切な文字数は300文字程度

 1分間に話す適切な文字数は、およそ300文字と言われています。話すことのプロであるアナウンサーも、1分間に話す文字数は350文字程度と言われており、適切な文字数と言えるのではないでしょうか。話すときの速度のテクニックとしては、重要な部分や、ここだけは伝えたいという部分に関しては速度を落とすということも必要になるでしょう。

早口にならないためには意識を変えること

 緊張していると早口になり、適切な文字数で話すことができないという場合があるでしょう。緊張してしまうのは仕方がないことですので、いつもよりゆっくり話す意識でいるようにすれば、早口になっても適切な文字数で話すことができるのではないでしょうか。また、句読点を意識して話すことで、息継ぎのタイミングが分かり、結果的に適切な文字数でプレゼンを行うことができるという方法もあるでしょう。どちらにしても意識的にゆっくり話すことを心がけることが重要になるのではないでしょうか。




 ここでは、プレゼンにおける発表の適切な文字数が300字程度であることと、プレゼンで早口になり、適切な文字数にならない場合の解決方法を紹介しました。適切な文字数で話せば、聞き手も発表内容が自然と耳に入ってきやすくなり、伝えたいことが伝わりやすくなるのではないでしょうか。ここで紹介た話し方を意識して、適切な文字数でわかりやすいプレゼンのスピーチをしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する