1. 英語のプレゼンで大事なところを強調する3つの方法

英語のプレゼンで大事なところを強調する3つの方法

 英語のプレゼンとはいえ話終えるだけでなく大事なところを強調して伝えたいと思う人は少なからずいると思います。しかし、どのポイントも同じような話し方でプレゼンしていては、印象も薄まってしまい聴衆に大事なポイントを伝えることが出来ません。ではどのようにプレゼンをしたら大事なところが強調され覚えてもらえるのか見ていきましょう。

重要なポイントはゆっくり話す

 当たり前と思うかもしれませんが、本番では緊張してしまい早口になってしまう人が多くいます。だからこそ重要なポイントはゆっくり話すように心がけると聴衆もその変化に気付き覚えやすくなります。そして重要な部分を力強く話すこともとても大切です。ゆっくり、そして力強くプレゼンをしましょう。

質問を投げかける

 "What do you think about...?"など入れることで相手に考えさせる時間を与えます。別に答えが欲しい質問でなくて構いません。聴衆の意識をプレゼンに集中させるためには非常に効果的な方法です。

話をまとめるようなフレーズを入れる

 聴衆はプレゼンターの話す内容を全て覚えているわけではありません。つまり大事なポイントを強調して話さないと全く伝わらず意味のないプレゼンになってしまいます。そこで使えるフレーズが"What I mean is..."や"What I want to 
say is..."などがあります。これらのフレーズは、「今まで話した内容をまとめると」という意味があります。聴衆もこの言葉を聞くと重要だと思い、真剣に話を聞いてくれるようになります。


 聴衆に自分のプレゼンが素晴らしいと思わせるためにこれらの方法を使って、自分の強調したい部分を強調しましょう。これらの動作を自然に出来るようになると自分の思い通りのプレゼンが出来るようになります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する