1. 【会社に対する印象を良くする】取引先との会食で守りたいマナー

【会社に対する印象を良くする】取引先との会食で守りたいマナー


 営業職の人などは親睦を深めるために取引先と会食をする機会があると思います。取引先との今後の関係性を左右する大切な場ですので、しっかりとマナーを守った上で楽しみたいものです。


 では、会食をする上でどういったことに気を配れば良いのでしょうか。ここでは、会食で守るべきマナーを紹介していきたいと思います。

座席の譲り合いはしない

 お店に入ったら、座席はスムーズに決めて着席することを心がけておきましょう。相手に気を遣って「どうぞ、どうぞ」と席を譲るのも大切ですが、譲り合い過ぎて、なかなか席が決まらなかったりしてしまうのは、マイナスな評価に繋がってしまいます。


 事前に席を決めておくなど、しっかりと準備を行って会食に臨むとスムーズに進んでいき、相手にも良い印象を与えられるのではないでしょうか。

接待はスマートに終わらせる

 お会計の時もしっかりマナーを意識して行動しなければ、食事中に話も盛り上がったことで生まれた良い雰囲気も台無しになってしまいます。

接待の締めくくりとして、会計の場面もスマートに済ませたいもの。これは、コーヒーが終わったところでトイレに立つように席を離れ、スタッフに「会計を」と告げればまず問題はないでしょう。

出典: 2/2 会食、接待…。仕事における食事のマナー [女性の転職] All About

 このように、余計な手間をかけることなくお会計を済ませるようにしましょう。「終わり良ければ全て良し」という言葉があるように、最後まで気を抜かず気持ちよく会食が終われるようにしましょう。



 以上、会食の際に守っておくべきマナーを紹介しました。取引先との関係性を築く大切な場ですので、マナーをしっかり守って良い関係を築いていけるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する