1. 綺麗なプレゼンをつくるために-効率のよいスライド作成の工夫3ポイント

綺麗なプレゼンをつくるために-効率のよいスライド作成の工夫3ポイント

  • 3608views
  • 0fav

 プレゼン準備の際に、地味に時間がかかるのがスライドの作成です。いつも同じテンプレでつまらないから工夫しようとすると、アイディアを1から出さないといけないので時間がかかってしまいます。


 プレゼン資料というのは、実は凝ったスライドにこだわる必要は無いのです。伝えることが目的なので、シンプルにまっすぐ伝わるようなスライドこそが良いスライドと言えます。ここではそのための3つのポイントを紹介します。

色使いについて

 つい凝ったスライドをつくろうと、たくさんの色を使いがちですがそれは逆効果です。伝わりやすいスライドに必要なことは「色数は出来るだけ少なくすること」「色の使い方を統一すること」「色に頼らないこと」の3点です。


 あくまでも伝わるかどうかが大切であり、色はその1要素に過ぎません。なるべく上記の3原則を守って使うようにしましょう。

レイアウトについて

 次に、レイアウトについてです。これも色と同じく、凝ったスライドにしようとつい時間を掛けてしまうところですが、それはいけません。できるだけ原則に則って作りましょう。


 レイアウトの3原則とは「揃えること」「統一すること」「流れを作ること」です。フレームなどのサイズ感がバラバラだと見ている側から気になってしまうことがあるので、揃えること・統一することは徹底しましょう。

文字について

 最後に、文字についてです。スライドの中で内容を伝えるために一番重要なツールが文字なので、よく気をつけて使うようにして下さい。


 文字使いの3原則は「書体は統一する」「文字サイズを統一する」「使い方にルールを設ける」ことです。文字サイズについては、全ページに共通して見出しは〇〇pxでタイトルは〇〇pxにするなどといった風に、ページごとにばらつきが内容にしましょう。


 以上3点を気をつけるだけで、効率よく綺麗なスライドを作ることが出来ます。ぜひ実践してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する