1. 英語のプレゼンで大きな拍手をもらうための締めのフレーズ

英語のプレゼンで大きな拍手をもらうための締めのフレーズ


 英語で行うプレゼンだと慣れてない人が多いせいか上手く締められないという声がよく上がります。しかし、しっかり締められないとオーディエンスも終わったかどうかの判断が出来ませんし、拍手をするタイミングも分かりません。拍手をするタイミングを知らせるのは、プレゼンターの役割です。そんな時、困らないよう締めのフレーズを覚えておきましょう。

シンプルな表現を使う

 "Thank you all so much for your attention."


 とてもシンプルですが、プレゼンが終わったと知らせるためには一番分かりやすいフレーズです。そして"very much"より"so much"の方が正式で丁寧な印象を与えられます。 

質問を促す場合

 "Thank you all so much for your attention."の後に"If you have any 

questions, we would be happy to answer them."


 この一言を付け加えましょう。そうすれば聴衆も質問しやすい環境を作ることが出来、スマートな印象を与える事が出来るでしょう。質問を快く受け入れる姿勢がとても大切です。



 日本語と同じように英語もいろいろな言い回しがありますが、自分が言いやすい単語を使い、プレゼンを締めましょう。繰り返しにはなりますが、プレゼンを締める上で大事なことは終わったということを知らせることなので聴衆の立場になって考えてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する