1. 「先に乗り、後に降りる」 - 来客時のエレベーター使用時のマナー

「先に乗り、後に降りる」 - 来客時のエレベーター使用時のマナー


 来客時対応の中で気を付けたい項目として、エレベーターの乗り降りのマナーがあります。エレベーターには乗る順番や位置など、様々なマナーがあるようです。ここでは、来客時のエレベーターのマナーについて紹介していきます。

乗る時は先に乗り、降りる時は後に降りる

乗るときは来客より先に乗り、危険がないかを確認

 エレベーターを乗る時は、来客の方よりも先に乗るようにしましょう。これには、マナーであると同時に危険物や障害物がないかを調べるという意味もあるようです。

降りるときは、来客が先に降りるので、方向を示す

 エレベーターを降りるときは、先に来客の方に降りてもらうようにしましょう。この時に、来客の方は、どちらの方向に進んでいいのかわからないでしょうから、方向や場所もあわせて伝えるとより良いマナーと言えるのではないでしょうか。

数字盤のところに自分が立つようにする

 エレベーターに乗っているときの立ち位置ですが、上座が奥になり、下座が手前となります。エレベーターを操作する人がいない場合は数字盤のところに自分が立つと、相手が自然に上座の位置に立つようにできるでしょう。




 ここでは、来客時のエレベーターの正しいマナーについて紹介しました。乗り降りや位置などは簡単に覚えて使うことができるので、すぐに実践することができるのではないでしょうか。ここで紹介したマナーを心がけ、失礼のないようなエレベーターマナーを守りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する