1. 無意識にマナー違反をしてるかも...エレベーター内で守るべきビジネスマナー

無意識にマナー違反をしてるかも...エレベーター内で守るべきビジネスマナー

  • 4388views
  • 0fav

 オフィスが入っているビルなどに設置されているエレベーターは、普段から特に何の意識もせずに使っているでしょう。


 エレベーター内にもマナーがあるということは、ご存知でしょうか?今回は、もしかしたら自分もマナー違反をしているかもしれないという事例をいくつかご紹介します。

携帯電話操作は基本的にNG

 エレベーター内での携帯電話の使用は、基本的には控えましょう。もちろん、通話はしてはいけないというのは当然の常識としてありますが、できれば電源をオフにして操作をしないのが望ましいです。


 なぜなら、携帯電話は電源をつけているだけでも微弱な電波を発しています。エレベーターという狭い空間の中にペースメーカなど体に装置をつけている人がいたとしたら、もしそれで誤作動を起こしてしまったら大変ですよね。飛行機や電車の中よりは良いようですが、それでも可能性は0ではありません。


 僅かな時間なのでリスクを取らないように、なるべく電源を切っておくようにしましょう。

エレベーター内でのポジション

 会議や宴会の席では上座と下座というものがありますが、エレベーターの中にもそれがあります。


 基本的に操作パネルがある方が下座、奥の方が上座とされています。混んでいる場合などはなかなかそうもいかないですが、空いている時は出来るだけ、上司や来客の方を奥の方へ誘導出来るようにするのが好ましいです。

どんな時でも臨機応変に

 エレベーター内は基本的に流動的なので、どんな時でも臨機応変な対応が求められます。階のボタンを間違えて押してしまう時もあるでしょう。開けるボタンと閉めるボタンを間違って押してしまうことだってあるかもしれません。


 狭い空間ですから、そこで慌ててしまうと気まずい空気にもなりますし、ビジネスマンとしてあまり良い姿とはいえません。


 目上の者を立てるような行動、どんな時でも慌てない冷静さを常に意識してエレベーターに乗るようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する