1. 【これだけは守っておきたい!】会社内で携帯電話・スマートフォンを使用する際のマナー

【これだけは守っておきたい!】会社内で携帯電話・スマートフォンを使用する際のマナー


 普段から会社内で携帯電話・スマートフォンを見ているという人は多くいるでしょう。しかし、会社内で使う際にも最低限のマナーというものがあります。そういったことを気にせず、使用してい人もいると思うので、ここでは会社内で携帯電話・スマートフォンを使用する際のマナーについて書いていこうと思います。

基本はマナーモード

 会社内に入ったら、携帯電話・スマートフォンの設定は「マナーモード」にしておきましょう。仕事中に着信音が流れることで、集中力が途切れてしまうなど周囲に迷惑がかかってしまいますので、しっかりマナーモードに設定してから仕事に臨むようにしましょう。

打ち合わせ中は電話に出ない

 打ち合わせ中に電話がかかってくるということもあると思いますが、そういった場合は緊急時以外は出ないようにします。もし、取引先から電話がかかってきた場合は、下記のように対応すると良いでしょう。

「電源を切り忘れておりました。申し訳ございません。失礼します」と打ち合わせ相手に、ひと言お詫びをしたうえで携帯電話に出ます。電話の相手には「恐れ入ります。いま打ち合わせ中ですので、のちほどかけ直してもよろしいでしょうか」と言って切ります。

出典: プライベートとは違う携帯電話のマナー:マナー教室

 打ち合わせに入る際は、基本的に電源を切っておくのが良いと思います。そうすれば、途中で電話がかかってくるといったこともなくなります。



 以上、会社内で携帯電話・スマートフォンを使う際のマナーについて紹介してきました。いちビジネスマンとして、しっかりとマナーを守って携帯電話・スマートフォンを使うようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する