1. 印象良くプレゼンを終わらせるために使いたい「締めの挨拶」

印象良くプレゼンを終わらせるために使いたい「締めの挨拶」

 プレゼンで中身はとても良いのに締めの挨拶が上手くできていないとプレゼンが失敗したかのように思ってしまいます。「これを話そう」と話す内容に力を入れるのは大事ですが、それが終わったらプレゼンが終わりというわけでもないので全てがスマートに見えるよう締めの言葉をしっかり準備しておきましょう。

「これまでご清聴ありがとうございました。」

 綺麗に締めるには最も良い言葉であると言えます。この言葉を聞けば聴衆側も「終わるんだ」と認識出来ます。「以上で終わります」などであると少しカジュアルな言い回しになってしまうので初めて会う人の前で行うプレゼンや上司などに向けてプレゼンをする場合は、この言葉を使いましょう。

「本日は貴重なお時間いただきありがとうございました。よろしくご検討ください。」

 他社に向けてプレゼンを行う場合などは丁寧でありかつ、取引を促すような言い方をする必要があります。終わりに一言付け加えるだけで大きく影響します。きちんとした挨拶でありつつ提案もするというのがベストな形です。


 以上終わりの挨拶を紹介しましたが、どちらも簡潔なものです。最後なので短くインパクトのある言い方をする必要があります。難しい言葉を使う必要はありませんが、ここにあるような表現を覚えておくといざプレゼンの時に役立つでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する