1. 飛び込み営業で気を付けたい訪問時のマナー

飛び込み営業で気を付けたい訪問時のマナー


 飛び込み営業では、相手の印象を良い方向に持っていくことが大切とお考えの営業マンの方もいらっしゃるのではないでしょうか。良い印象を与えるためには、礼儀正しさやマナーが重要になってくるでしょう。ここでは、飛び込み営業での訪問時に気を付けたいマナーについて紹介していきます。

まずは謝るところから入る

 営業をかけた先の人は、突然やってくる営業マンの方にあまりよい印象を持たないのではないでしょうか。まず、突然営業に訪問したことを詫びる姿勢を見せ、貴重な時間を割いているという意識を持って行動に表すことが重要なマナーと言えるでしょう。

目的と名前をしっかりと告げる

 飛び込み営業のマナーとして、目的と会社名や名前を言うのは当然のことです。自分が不審なものではないということを表し、営業をするために来たということを相手に示すという目的があるので、名前と目的はしっかり告げるようにしましょう。

取次をお願いし、商談に入る

 飛び込み営業の場合はまず、受付や他の部署の方が対応していることが多いのではないでしょうか。受付や他の部署の方に対応してもらった場合は、商品やサービスに合うような役職の方への取次をお願いしましょう。

取次後は名刺交換を忘れずに

 取次後は、もう一度名前と目的を告げ、名刺交換をしましょう。名刺の交換はビジネスマナーでもありますし、交換することで、次の営業のチャンスが生まれるかもしれません。



 ここでは、飛び込み営業をするときに気を付けたいマナーを紹介しました。飛び込み営業をする際はしっかりとマナーをわきまえる必要があるようです。ここで紹介した飛び込み営業のマナーを押さえ、相手に好意を持ってもらえるような飛び込み営業をするようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する