1. 営業トークが苦手な人が結果を出すために意識すべき2つのこと

営業トークが苦手な人が結果を出すために意識すべき2つのこと


 トークが苦手な人でも営業部に配属されてしまうことは珍しいことではありません。しかし、トークが苦手だと結果的に失敗が多くなってしまうことは事実です。そんなとき、何を意識して顧客と話せば上手くいくのでしょうか。今回は営業トークが苦手な人に向けて対処法を書いていきたいと思います。

①目標にリンクした話題を最初に出す

 営業マン、特にトークが苦手な人の中には、最初にたわいない話題から提示し、顧客と打ち解けることに力を注ぐ人が多いような気がします。しかし、最初にそういったアイスブレイクトークを行ってしまうと、本題に入る際に手こずってしまったりすることもあるのではないでしょうか。特に営業トークが苦手な人にありがちだと思います。


 そういったことを踏まえると、やはり最初から、目標にリンクした話題を出しておくべきです。そうすることによって、本題に入るときとのギャップが現れにくく、相手に、悪い意味での営業っぽさを与えなくて済みます。

②得意の分野から切り出す

 トークが苦手な人は無理に高度な喋りをしようとすると失敗します。まずは、自分なりに話しやすい話題というものをピックアップしてみましょう。そこから、営業内容、目標にリンクしやすいものを選び出してトークに繋げると効率的です。気をつけるべき点は、自分メインの話にし過ぎてはいけないというところでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する