1. 【営業をメールで断りたい】相手を不快にさせないメールのポイントと例文を紹介!

【営業をメールで断りたい】相手を不快にさせないメールのポイントと例文を紹介!

【営業をメールで断りたい】相手を不快にさせないメールのポイントと例文を紹介! 1番目の画像

 他社からの商談の誘いや営業を受けたときに、断り方次第で企業間の関係が大きく変わってくる。

 今回は、営業の提案を断る際に送るべきメールのポイントや例文を紹介していきたい。

営業の断りメールを送るときの5つのポイント

【営業をメールで断りたい】相手を不快にさせないメールのポイントと例文を紹介! 2番目の画像

営業断りメールのポイント①:まずはお礼の言葉を書く

 営業断りメールの一つ目のポイントは、「まずはお礼の言葉を書くこと」である。 

 いくら断りたい営業であっても、いきなり断るのは相手に不快感を与えてしまう。まずは、営業してもらえたことに対してお礼の文章を添えることが大切だ。

営業断りメールのポイント①:まずはお礼の言葉を書く

  • 例文:平素より、大変お世話になっております

営業断りメールのポイント②:断る理由をしっかり明記する

 営業断りメールの二つ目のポイントは、「断る理由をしっかり明記すること」である。

 ただ断るだけでは、相手によい印象を与えることができない上に、再度同じ営業をされてしまう可能性がある。

 費用面の都合や営業の内容自体、日程の都合など、営業を断る理由をしっかりと明記しよう。

営業断りメールのポイント②:断る理由をしっかり明記する

  • 例文:残念ながら費用の面で難しいものがあり〜

営業断りメールのポイント③:「今回は」という言葉を入れる

 営業断りメールの三つ目のポイントは、「『今回は』という言葉を入れること」である。

 この「今回は」というワードを文章に組み込むことにより、その後も会社間で繋がりを保つことができるのだ。

 次回は自社にとって有益な商談が持ち込まれる可能性なども考慮すると、やはり多少の繋がりは持っておきたいものである。

営業断りメールのポイント②:断る理由をしっかり明記する

  • 例文:今回は見送らせていただくことになりました

営業断りメールのポイント④:必ず謝る

 営業断りメールの四つ目のポイントは、「必ず謝ること」である。営業の内容がどんなものであれ、断る際に謝ることは最低限のマナーだ。

 断る理由をきちんと明記したあとに謝る文章を書いておけば、相手側にとっても納得ができるだろう。

営業断りメールのポイント④:必ず謝る

  • 例文:せっかくご提案いただきましたのに、申し訳ございません

営業断りメールのポイント⑤:残念だということを伝える

 営業断りメールの五つ目のポイントは、「残念だということを伝えること」である。

 相手側も時間をとって営業しているため、やはり断るときは気を遣う必要があるようだ。

 「不本意ですが」というニュアンスの文章を序盤に書いておくことで、相手を不快にさせず、企業間でよい関係を保つことができるだろう。

【例文】営業の断りメールの文例

【営業をメールで断りたい】相手を不快にさせないメールのポイントと例文を紹介! 3番目の画像

営業の断りメールの例文①

営業の断りメールの例文①

  • 件名:ご提案いただいた○○の件について

    ---

    いつもお世話になっております。 株式会社○○の○○でございます。

    先日は○○の件で提案していただき、ありがとうございました。

    貴社のご提案を、弊社で慎重に検討いたしました。

    しかし、誠に恐縮ながら、費用の面で折り合いがつかず、 見送らせていただくこととなりました。 ご提案いただき、厚く御礼申し上げます。

    また何か御機会がございましたら、 よろしくお願い申し上げます。

    取り急ぎご報告申し上げます。

営業の断りメールの例文②

営業の断りメールの例文②

  • 件名:ご紹介いただいた新商品の件について

    ---

    いつもお世話になっております。 株式会社○○の○○でございます。

    貴社、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

    このたびは、新商品のご紹介誠にありがとうございました。

    社内にて、慎重に検討いたしましたが、今回は貴社商品の購入を見送らせていただくことになりました。大変申し訳ありません。

    誠に不本意ではございますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

参考に! 営業としてメールするときの注意点

 最後に、営業の立場からメールをする際の注意点を紹介していく。断る際の参考にしたり、自身の営業スキル向上に役立てていただきたい。

 仕事をしていると、営業からのメールを受け取る機会は多いだろう。

 忙しい業務の中で営業メールを断るのは難しいものだが、当記事を参考にうまく対応し、ビジネスを円滑に進めてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する