1. 営業の提案を断るとき相手を不快にさせないメール文章の4つのルール

営業の提案を断るとき相手を不快にさせないメール文章の4つのルール


 他社からの商談などの誘いや営業を受けたときに、断り方次第では企業間での空気も大きく変わります。今回は、その提案を断る際にどのようなメール文章を打てばいいのかを説明していきたいと思います。

①まずはお礼の言葉から

 まずは、営業してもらえたことに対してお礼の文章を入力しましょう。いきなり断ってしまっては相手側に不快感を与えてしまいます。

例文:「平素より、大変お世話になっております。」

②断る理由をしっかり明記

 ただ断るだけでは、これもやはり相手側に不快感を与えます。費用面であったり、内容自体であったり、日程であったり、断る理由をしっかり明記しておきましょう。

例文:「残念ながら費用の面で難しいものがあり〜」

③「今回は」というワードを入れる

 この「今回は」というワードを文章に組み込むことにより、繋がりを保つことができます。次回は自社にとって有益な商談が持ち込まれる可能性なども考慮すると、やはり多少の繋がりというものは持っておきたいものです。

例文:「今回は見送らせていただくことになりました。」

④謝ることは絶対に必要

 断る際に謝っておくことはやはり最低限のマナーです。断る理由などもしっかり明記させておいたあとに謝る文章を書いておけば、相手側にとっても納得ができるはずです。

例文:「せっかくご提案いただきましたのに、 申し訳ございません。」


 これらのルールを意識しておけば、失礼にあたるようなことはないと思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する