1. トークが下手な人でも契約がとれるようになるかもしれない営業の3つのテクニック

トークが下手な人でも契約がとれるようになるかもしれない営業の3つのテクニック


 営業マンなのにトークが下手でうまく契約がとれないという悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。営業のテクニックにはトーク術だけではなく、身振り手振りなどの手法で契約を取りやすくする方法があります。ここでは、セールストークが下手な営業マンにも契約が取りやすくなることが期待される営業のテクニックを紹介していきます。

ティッシュなどの景品を営業先に進呈する

 トーク以外の営業のテクニックでは、ティッシュやボールペンなどを配るという方法があるでしょう。心理学の研究によると、このように商品を相手から受け取ることで、何かしらのお返しをしなければならないという意識が働くそうです。これをうまく利用すれば、トークが下手な人でも契約に結びつくのではないでしょうか。

相手の動作をそっくりそのまま真似る

 相手の動作を真似るというのも営業のテクニックの1つと言えるでしょう。これも心理学的に「ミラーリング」といって、真似されると人は深層心理の中で尊敬や好意を抱きやすくなるそうです。この手法を使うことで、トーク以外で相手に好意の感情を持ってもらうことができ、成功に近づくと言えるのではないでしょうか。




 ここでは、トークが下手な人でも使えるような営業でのテクニックについて紹介しました。トーク術だけではなく、様々な要素が営業の成功の要因となるようです。トークが下手であると感じている営業マンの方は、ここで紹介したテクニックを用いて、トーク以外の武器にしていくと良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する