1. 営業マンが転職するときに強みにしたい2つのアピールポイントとは

営業マンが転職するときに強みにしたい2つのアピールポイントとは


 営業マンと言えば、技術というよりは人柄や喋りなどがノウハウとして把握されていることが多いと思います。営業以外の仕事をしたくなったり、もっと良い会社で営業マンとして活躍したいと思って転職を考えたときに、何を強みとするべきなのかが分かり辛いのではないでしょうか。そんなときに、何をアピールポイントにしていくべきかを書いていこうと思います。

①人と接することで成果を上げてきた

 クライアントと接する機会があるのは営業マンだけではありませんが、営業マンは成果を出すことを目標として人と接しています。失敗すれば利益は得られず、成功すれば利益に直結する。つまり、考えて人と接することを常にやってきた人たちなのです。これは営業以外の仕事でもかなり役立ちます。

利益に直結するかを考えられる

 営業マンが転職する際、それがもし営業でなかった場合でも利益を追求してきたことは必ず役立ち、立派なアピールポイントになるでしょう。仕事の中では利益と接する部分と遠いものも多く存在します。そういった仕事を担当している人は利益を考える思考がなかなか綿密に行えていない可能性があります。そういったことを例にあげながらアピールすれば営業マンとしてのノウハウを強みにできるのではないでしょうか。

②顧客の立場になって考えられる

 例えば、会社の商品を営業しに行くとき、それを欲しいと思わせることが営業マンの目標になります。そのとき、その商品を扱うユーザーと直接対面することが多いので、買うか買わないかのそれぞれの理由を聞いて判断することができるのです。それをやってきた営業マンは、開発側に回ったとしても顧客の意見を参考にできるので、具体的に策を講じることがより正確に行えるのではないでしょうか。


 これらの強みを自分なりに経験に即して明記、発言していけば良い転職が行えるのではないかと思います。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する