1. 社会人として最低限身につけておきたい挨拶のマナー

社会人として最低限身につけておきたい挨拶のマナー


 挨拶は社会人のマナーですよね。挨拶は人間関係の潤滑油で有ります。挨拶は相手への気遣いでも有ります。挨拶がちゃんとできない人、挨拶が下手な人は無愛想な人といわれるのです。いい人間関係作れるようにしっかりした挨拶行っていきましょう。どういう点に注意するべきでしょうか?

1. 先手必勝!挨拶は相手より先にしよう

 社会人の挨拶は先に先に行っていくべきです。タイミング逃すと逆に変な感じします。「こいつ挨拶もしないのか?俺に敵意を持ってる?なにかしたかな?」など変な空気流れます。逆に先に行うことで気遣いできる、気配りできる、愛想いいしっかりした人に思われるのです。また先に仕事から帰らせてもらう時でも「さようなら」ではなく、「お先に失礼します」としっかりいいましょう。これが社会人の挨拶のマナーのポイント第1です。

2. 挨拶は気持ちを込める

 社会人の挨拶のマナーとしてとりあえずと思って挨拶するはやめましょう。とりあえずの挨拶と相手に好意を感じて挨拶するのとではすごく大きな違い有ります。チャーミングな可愛い、素敵な、爽やかな笑顔できる人は営業成績もやっぱりいいのです。やっぱり可愛い笑顔で挨拶できる女性って好感持てますよね。女性の方も爽やかな笑顔で挨拶できる男性は好感持てると思います。廻りを明るくする挨拶していきましょう。


 そしてお辞儀も心がこもるといいお辞儀になります。私は下の子を幼稚園にお迎えとか良くいくのですが、幼稚園の先生とか挨拶すごく上手ですよね。仕事なんでしょうが、ちゃんとしています。感謝の気持ちや好意を挨拶に乗せて爽やかに挨拶していきましょう。これが社会人の挨拶のマナーのポイント第2です。音声にのせて表情や動作乗せていきましょう。

3. 元気な挨拶を心がけましょう

 ちゃんとした挨拶できる人はお客様にそう接する事ができると上司にも思われます。小さい声のボソボソとした挨拶では相手に全く届きません。声が届かないと挨拶いってないのと一緒です。相手に合わせた、そして目を見て元気に、愛想のいいスマイルで、相手を元気にさせる爽やかな挨拶しましょう。これは社会人の挨拶のマナーです。廻りを明るくする挨拶は会社にとって非常にプラスになります。これが社会人の挨拶のマナーのポイント第3です。


 いかがだったでしょうか?挨拶ってすごく大事ですよね。いい挨拶の習慣つけばきっといい人間関係作れ、より会社も楽しくなると思います。会社の挨拶のマナーしっかりと行いいい人間関係をどんどん作っていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する