1. 実は細かい!ビジネスにおける様々なシーンの座り方のマナー

実は細かい!ビジネスにおける様々なシーンの座り方のマナー

  • 7337views
  • 0fav

 社会人には上司を敬うべきマナーというものがあり、常に意識して行動していることと思います。では会議や移動する車内の座り方まで、きちんと気を配れていますか?


 上座や下座というのはなんとなく分かってても、その他の座り方はよくわからないから適当に...なんていう人も多いのではないでしょうか。


 一見単純そうに思えて実は細かい、ビジネスシーンにおける座り方のマナーをご紹介したいと思います。

上座と下座

 おそらく誰もが知っている上座と下座という言葉ですが、どこが上座でどこが下座かすぐに見分けることは出来ますか?

 実は、入り口から一番遠い位置にあるのが上座・一番近い位置にあるのが下座といい、身分や役職、年齢が上の人から順に上座から座っていきます。

 基本的なことですが、宴会の時などにも役立つ知識なので覚えておくようにしましょう。

会議時の座り方

  •  では、会議中の座り方はどうでしょうか?一般的に、一番偉い人が中心の席に座り、そこから近い順に上の人から座っていきます。

     図のように、最も入り口に近いのが一番下の人となります。逆に、板書をする必要がある場合などはこの限りではなく、そこに一番近い位置に下っ端が座るようにします。

    タクシーの座り方

  •  タクシーの座り方にもマナーがあります。運転手の横に一番の部下が座り、運転手の後ろの席に一番偉い上司が座るようにします。必ずしもこの通りにする必要はありませんが、知っておくといつでも対応することができるので損は無いでしょう。

     以上、非常に細かいことですが、必要となった時に知らなければ対応することが出来ないので臨機応変に動けるように頭の片隅にでも置いておくようにしましょう。







    U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
    この記事を報告する