1. 「テレアポが怖い…」と感じている営業マンにおくるテレアポに対する恐怖心をなくす方法

「テレアポが怖い…」と感じている営業マンにおくるテレアポに対する恐怖心をなくす方法


 営業の手法はいろいろある所だと思いますが、テレマーケティングやテレアポと呼ばれる電話で見込み客に電話をかける方法を使うケースもまだまだありますよね。インターネットが普及後はメールを使ってのアウトバンド営業も出来るようになっていますし、会社の企業サイトや製品の特設サイトなどを構築して待ちの姿勢でインバウンドをとる方法も有用でしょう。しかしやはり電話を使っての営業は居ながらにして直接相手先に製品やサービスの売り込みが出来るなど多くのメリットがあるのも事実です。

見ず知らずの人に電話をかけるのは苦手な人が多いのかも

 こうしたテレアポあるいはテレマーケティングをしている会社の営業に配属されたものの、「元々電話をかけるのが苦手」「電話が怖い」なんて人も意外に多いと思います。特に「いままで、ほとんど知人友人にしか電話なんてかけた事ないよ」なんて場合にはいきなり見ず知らずの人に電話をかけまくるのは苦痛以外のなにものでもないと言うのもよく分かります。しかしテレアポをする会社や部署に配属された場合、営業として見込みや訪問先を確保し、売り込みをかけて売り上げを上げていくには、電話をかけなければどうしようもないという事にもなります。

「電話をかけるのが苦手」という人でもテレアポが怖くなくなる方法

 そうした「電話をかけるのが苦手」という人でもテレアポが怖くなくなる方法はあります。ひとつは「慣れ」です。いかに苦手な人でも数をこなす事によってかなり苦手意識は無くなります。人間というのは順応性が高い生き物です。数をこなす事でコツやだいたいの傾向がつかめればメキメキと上達する人は多いと思います。つぎに、電話をかける前にきちんとスクリプト(台本)を作る事です。会社でスクリプトを作っている場合にはその内容をきちんと把握して自分がやりやすいように微修正するのもいいでしょう。


 特に「なにをしゃべっていいか電話をすると飛んでしまう」などという場合にはまずここはしっかりやるべきです。そしてもうひとつには、「まずうちの製品をすぐに買ってくれる人はいない、ニーズのある人を大勢から見つけよう」と思う事です。実際にテレアポをして「ああ、それ欲しかったんだよね。よく電話しれたよ!」なんて人は滅多にいません。だいたいが「忙しい所に電話がかかってきて迷惑だなあ」なんて対応も多いはずです。それでいいんです。そういった対応があっても一喜一憂せずにどんどん次に行けばいいんです。


 営業の電話で嫌われたってあなたの人生で影響なんてあるわけないんです。極端な話、電話をかける相手が人間でなくてロボットかなにかだと思ってしまえばいいんです(もちろん失礼が無いようにする必要はあります)。割り切ってどんどんルーチンワークとしてやって行くこと、そして少しでもニーズありと見込んだらここぞとばかりに売り込む、これがテレアポが上手い人の特徴でもあります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する