1. 英語でeメールを送るときに気をつけるべき4つのマナー

英語でeメールを送るときに気をつけるべき4つのマナー

 メールを送る相手が日本人であればお互い日本人なのでマナーなど自分がされたら嫌なことから考えれば分かりますが、相手が日本人でなく英語でメールを送る場合日本語のマナーではなく、英語のマナーを意識しながらメールを送らなければなりません。マナーを知らずにメールを送って嫌な顔をされる前に気をつけるべきマナーを知っておきましょう。

1. 1つのeメールに1つの用件

 原則1つのメールに対して1つの用件を書く様にしましょう。特別な事情をのぞきこの形で書くのが理想的です。また件名から用件が分かる様にしておくと後から見たときに探しやすくなるので良いマナーだと見られるでしょう。

2. 事実のみを簡潔に列挙する

 相手が客観的に判断できるよう事実だけを列挙します。自分の判断や意見など加えずに、事実だけを簡潔に時系列で列挙すると分かりやすいでしょう。もし自分の意見を書く場合であれば最後に書きましょう。

3. 柔らかい表現で書くこと

 もし相手が締め切りを守らなかったり、警告したにも関わらず改善をしなかった場合やみくもに相手を責め、謝罪を求めるのではなく具体的な改善策を提案しましょう。

4. 相手への依頼を具体的に指示

 もし相手にとって欲しい行動があれば具体的に指示しましょう。曖昧だと相手はどうして良いか分からず何もしません。そして締め切りなども「as soon as possible」と「すぐに」と送るのではなく、具体的な日時を書きましょう。「すぐに」というのは人によってニュアンスが違うので自分の求めた日時に返信が来ない場合があります。もし「特に期限を設けない」という様に言いたい場合は、「at your earliest convenience」と伝えましょう。「お時間のある時に」という意味になります。


 英米人と日本人では価値観も違うので日本人の価値観でeメールを送るのではなく、しっかりネイティブのマナーを身につけ日本人でもしっかりしたマナーだという印象を与えられます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する