1. 聴衆を引き込むプレゼンをするために、心がけるべき効果的な話し方

聴衆を引き込むプレゼンをするために、心がけるべき効果的な話し方

  • 1143views
  • 0fav

 プレゼンテーションの時に、あなたはどのようなことを心がけて話していますか?ここでは、良いプレゼンをするために必要な話し方のポイントを紹介したいと思います。

格好良く話すようにすること

 格好良くというのは話すというのは、口調はもちろんですがそのたたずまいも含まれます。直立不動で良いことを連々と言っていても、聴衆はそのプレゼンに引き込まれません。


 体全体の力を抜き、身振り手振りを自然に付けて話せるようになることが格好良く話せるための第一歩となります


 大したこと言ってないじゃないか、とはじめは思われても構いません。とにかく聴衆の視線を意識して話すようにしましょう。

聴きやすく、伝わりやすく

 格好良く話せるようになると、口調にも緩急を付けて話すことが出来てきます。それはなぜか、体に力が入っていないからです。自然な状態で話す事こそが、伝わるプレゼンには最も重要なことです。


 また、聴きやすくというのも大きなポイントです。聞き取れる程度にゆっくりとした口調で話したり、時たま語気を強めて話したりなど、自分で工夫をして話すようにしましょう。一定のペースで話すのは、聞いている側としても面白く無いので気をつけて下さい。

練習にも手を抜かずに

 意識する点は分かってて、あとは実践するだけ。しかし、ぶっつけ本番でできるようになるほど簡単なことではありません。プレゼンスキルをしっかりと自分のモノにするためには、着実な練習が必要なのです。

 

 方法としては「鏡の前で自分の姿を見ながらプレゼンをしてみる」「話しているのを録音しておく」など、様々な方法があります。はじめは恥ずかしいことかも知れませんが、プレゼン時により効果的な話し方をするためには必要なことなので、ぜひ実践するようにして下さい。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する