1. 「乾杯前に上司の挨拶を入れる」- 上司からの評価を上げるために飲み会で意識しておきたいこと

「乾杯前に上司の挨拶を入れる」- 上司からの評価を上げるために飲み会で意識しておきたいこと


 社会人ともなると部署での飲み会や会社の新年会など大勢の人と飲む機会は多くあると思います。飲み会を楽しく過ごすことも大事ですが、会社での飲み会は上司からの評価を左右する場でもあります。


 そのため、しっかりマナーを守って飲み会を過ごすことが大事です。ここでは、飲み会の乾杯時に気をつけたい事を紹介していきます。

乾杯の前に上司の挨拶を入れる

 1杯目のお酒が到着し、みんなで「乾杯!」といきたい所ですが、乾杯の前に上司からの一言を入れるようにしましょう。

一般的に、乾杯は上司からの冒頭の挨拶が終わってからです。それが「上司を立てる」ということです。もし上司にあたる人がいなければ、幹事のみの挨拶で済ませてもいいでしょう。しかし、上司にあたる人がいるのなら、必ず乾杯の前に冒頭の挨拶をお願いするのが常識です。

出典: いきなり乾杯をするのはご法度。乾杯の前にしなければいけないこととは ...

 楽しく飲むだけでなく、しっかり「上司を立てる」ということを意識しておけば上司からの評価も高くなるのではないでしょうか。

乾杯する時は相手よりグラスを下げる

 いざ上司と乾杯する際は、気持ちグラスを下げて乾杯するようにしましょう。ついつい勢いで、同じ高さで乾杯してしまったりすることもあると思いますが、これも立派なマナーですのでしっかり意識しておくべきです。細かいところですが、こういったことにまで気を配れているかどうかで上司があなたに抱く印象は変わるはずです。


 以上、飲み会で乾杯する時に気をつけておきたいことを紹介しました。会社の飲み会は上司からの評価を上げる場でもあるので、しっかりと気配りをして良い印象を与えられるようになりましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する