1. タイプ別に分類!どうしても合わない上司との正しい付き合い方

タイプ別に分類!どうしても合わない上司との正しい付き合い方

  • 8501views
  • 0fav

 会社で働いていて、仕事以外で重要になってくるのは社内での人間関係です。人間関係1つで仕事の質も量も変わってきますし自身のキャリアにも大きな影響があります。


 その中でも最も難しいのが、上司との付き合い方です。誰にでも1人は苦手とする上司がいるはず。苦手だけど避けるわけにはいきませんよね。そんな苦手な上司とはどのように付き合っていったら良いのでしょうか。

優秀な上司との付き合い方

 いくら仕事は優秀でも、人として仲良く付き合っていけるかどうかというのは別問題ですよね。自分が優秀故に部下に求めるハードルが高く、自分の考えを否定されなかなか採用してもらえないと、次第に嫌気が差してきてしまいます。もう全部自分でやれよと。


 そうならないために、優秀過ぎる上司との有効な付き合い方のポイントは「自分の出来る範囲を明確に提示し、そこできっちりと結果を残す」ということです。上司が出来る部分を少しずつもらい、結果を残すことによって次第に信頼感を得られ、自分の立ち位置も上がっていきます。


 上司が優秀であるということを逆に利用するくらいの気持ちで接すれば、決してマイナスなことばかりではないはずです。

やたらと精神論を語る上司との付き合い方

 仕事は精神論で全て語れるわけもないのに、何かにつけて精神論を持ち出し語りだす上司、いますよね。このような人は概して保守的であり、他人に厳しいタイプであると言えます。


 このようなタイプは話しだすとなかなか止まらないのですが、ここでは徹底的にモノを論理的に考え、その意見をぶつけてみるという対処をしてみましょう。


 その際に気をつけるべきことは、論破しようとしてはいけないということです。よくある精神論VS論理の構図になると、お互いストレスを抱えたまま会話をすることになってしまいます。あくまでも話をかわす程度にしていけば、自分自身もそこまでストレスを感じずに付き合うことが出来ると思います。

説教が多い上司との付き合い方

 正直、一番たちが悪いのはこのタイプの上司ではないでしょうか。重箱の角をつつくかのようにミスを指摘し、説教をしてくるのは聞いている側からすると正直言って迷惑以外のなにものでもありません。


 こういう上司と付き合う上でしてはいけないのが「謝る」ということです。自分は悪いと思っていないのに怒られているから謝るというのは、自分自身もきついはずですし、上司の会話の潤滑油ともなりえます。


 ではどうしたらいいか、それは「ありがとうございます」と言って受け止めることです。反抗はなかなか出来ないので、とりあえず受け止めましたというアピールをしておきましょう。それを繰り返していれば、次第に説教も少なくなっていくでしょう。


 

 付き合いづらい上司のタイプによって、対応を使い分けれられるようになれば、社内の人間関係に負担を感じることなく付き合っていけるはずです。ぜひ実践してみてください。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する