1. テレアポ営業で成功率が上がる3つのコツ

テレアポ営業で成功率が上がる3つのコツ


 テレアポ営業だと100件電話をして1件アポが取れるかどうかというくらいの根気のいる仕事だと思います。ただやみくもにたくさん電話をかければ良いということでもありません。成功率が高い人はどんな形でテレアポ営業をしているのでしょうか。

1. 相手が会いたいと思うような話題を入れる

 基本的に相手は自分の会社を知りませんし、怪しい会社だと思われてもおかしくありません。警戒心が強い中で相手の話も聞かずに自分の会社のことだけ伝えても、相手は会いたいとは思いません。そのために相手の会社にも必要としている話題を入れて、会った時に有益な情報が得られるのではないかというイメージをさせることが大事です。そのためには相手の会社のニーズをしっかり把握し相手の会社にとっても有益な情報を提供し、相手の心を動かす必要があります。

2. 1分間で簡潔に用件を伝える

 テレアポ営業の時に1分以上話すと相手も電話を切りたいという気持ちになってきます。電話を切りたいと思った瞬間から自社に対して悪い印象がついてしまいます。一度悪い印象がついてしまえばたとえ良い内容でも相手の耳に話が入らず結局上手くいかないということがあります。なのでテレアポ営業をする時は、出来るだけ1分以内で用件を伝えましょう。

3. 10件に一回振り返る

 どの会社に対しても全く同じようなテレアポ営業の仕方をしている人は10件に一度振り返りをしてどこが良かったのか、どこが悪かったのかなど自分で解決できると良いでしょう。トークの内容なども思い出しながら上手い切り返し方法など自分で考えてみると成功率がどんどん上がっていきます。



 何度も電話をかけていると相手の立場になって考えてみるなど大事なことを忘れてしまいがちですが、焦らずに相手目線に立って考えてテレアポ営業をすれば自然と成功率も上がります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する