1. 初対面の取引先と上手に関係性を築くために押さえておきたいマナー

初対面の取引先と上手に関係性を築くために押さえておきたいマナー


 ビジネスマンにとって「マナー」をしっかり守れているかどうかは非常に大切です。どれだけ仕事が出来たとしてもマナーがしっかりしていなければ、相手の評価も上がってきません。スキルを身につけることも大切ですが、それ以上に最低限のマナーは身につけておくべきでしょう。ここでは、初対面の取引先のの人との挨拶のマナーを紹介していきます。

挨拶は必ず自分から!

 相手の出方を伺っているのではなく、自分から率先して挨拶するようにしましょう。また、挨拶する際は必ず笑顔で気持ちのよい挨拶をすることを心がけておきましょう。「先手必勝」の精神を持って、相手と上手く関係を作れるようにしましょう。

「+気候・季節」をつけると良い

 「はじめまして」などの挨拶を終えた後に「+気候・季節」をつけると相手からの印象が良くなります。「おはようございます。今日はよく晴れていますね」という一言をつけてあげるだけでも、相手からの印象は変わったものになるでしょう。


 相手に変な気を遣わせないように、こちらかた上手く距離を縮めていけるような工夫をしていくと良いと思います。



 以上、初対面の取引先との挨拶のマナーを紹介してきました。最低限のマナーはしっかり押さえておき、上手く関係を構築していけるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する