1. 営業の売り込みをうまく行うトークの方法

営業の売り込みをうまく行うトークの方法


 営業の売り込み方が上手く行かずに悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。トークのコツを上手く抑えることで、売り込みの成功率がグッと高まるのではないでしょうか。ここでは、営業の売り込みを成功させるためのトークの方法を紹介していきたいと思います。

冒頭で相手の気持ちを掴む

 売り込みをかけるときに大切なのはまず、冒頭でしっかりと相手の気持ちを掴むことです。そのためには、相手を持ち上げる話からはじめたり、質問や興味をもたれやすそうな話の始め方をして、相手に強い印象と好感を持ってもらうことが必要でしょう。

要求の仕方に工夫してみる

小さな要求からだんだんと大きな要求に移る

 営業の仕方の基本として、小さな要求からだんだんと大きな要求をし、最終的に契約や商品の購入に持ち込むというテクニックがあります。このようなテクニックを応用し、売り込みまでに幾つかのお願いごとを頼みながらトークを進めていくという手も1つの方法と言えるのではないでしょうか。

誘導尋問を避け、相手に選択しを与える

 営業の売り込みでは、相手に選択肢を与えるような柔軟な対応の仕方も必要になるでしょう。そのためには、「はい」か「いいえ」だけで答えられるような質問は避け、相手の選択を優先しているということをアピールするトークの仕方が良いと考えられます。

マイナス要素や、ためになる話を会話に盛り込む

 契約や商品のマイナス要素や、相手がためになると感じるような会話を盛り込むという方法もあります。このような情報を与えることで、営業相手は、契約だけでなく、親身になって考えてくれていると感じるのではないでしょうか。




 ここでは、営業でうまく売り込みをするための会話の方法について説明していきました。売り込みのトークで大切なのは、以下に相手のことを思いやるような売り込み方ができるかどうかというところにあるようです。ここで紹介した売り込みの会話方法を実践して、契約や商品の販売を実現しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する