1. 人々に興味を持たせるプレゼン資料の「スライドデザイン」とは?

人々に興味を持たせるプレゼン資料の「スライドデザイン」とは?


 人から「上手い!」と思われるプレゼンをするためには、話し方であったり、聴衆とコミュニケーションを適宜とるなどがあると思います。もちろん、それらは大切な要素ですが、プレゼン資料のデザインが最も大切な要素と言って良いのではないでしょうか?

聴衆がまず目にするのは「プレゼン資料」

 プレゼンを聞く人たちが、まず目にするのは「プレゼン資料」です。彼らは、資料をパッと見て面白いか、面白くないかを判断するため、プレゼン資料がつまらなそうなものであれば、聴衆との距離が離れていってしまうのです。


 だからこそ、「プレゼン資料」はパッと見た時に「面白そう!」と思ってもらえるようなデザインにしなければなりません。

情報を詰め込みすぎない

 プレゼン資料を作成をするにあたって、自分が言いたいことは山ほどあるでしょうが、それらを全て資料に載せてしまうのは良くありません。文字だけで埋まっているプレゼン資料を見ただけで、聴衆は「つまらなそう…」と感じてしまうのです。


 資料には最も重要な要点だけを載せ、それらに付随する情報を自分の口で述べるようにしましょう。そちらの方が聴衆も興味を持ちます。

色には一貫性を持たせる

 プレゼン資料で使用する色は一貫して同じ色を使うようにしましょう。様々な色を使った資料を見ていると、目が疲れてしまうため話が頭に入ってきにくくなります。資料を作り始める前に、どの色を使うかを決めてしまいその色を徹底して使うようにしましょう。



 以上、スライド資料のデザインで気をつけておくべきことを紹介してきました。一番最初に目につくプレゼン資料だからこそ、パッと見た時に興味を持ってもらえるようなデザインにするべきでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する