1. プレゼン初心者が意識しておくべき2つのポイント

プレゼン初心者が意識しておくべき2つのポイント


 初めてプレゼンをする際、多くの人がスティーブ・ジョブズや孫正義のようなプレゼンに憧れることでしょう。しかし、彼らのようなプレゼンは一朝一夕で出来るものではありません。逆に彼らのマネをすることで思わぬ失敗をしてしまうことだってあります。では、プレゼンを初めてする際に意識しておかなければいけないことはどういったことなのでしょうか?

1. まずは「構成」をしっかり練る

 初めてプレゼンを行う際は、何となくプレゼンを行うのではなくしっかりと構成を練るようにしましょう。プレゼンの理想的な構成は「序」「破」「急」が良いとされています。

「序」「破」「急」

『序』 静かにゆったりと始まり
『破』 突然ドラマチックに主要部が展開し
『急』 急速に完結する

出典: 初心者でも、“デキる奴”と思わせるプレゼンテーションの基本とコツ *Ateitexe

 構成方法として最も有名なのは「起承転結」だと思いますが、この構成は中だるみがしやすいと言われているため「序」「破」「急」の流れで構成を考えるようにしましょう。

2. アニメーションなどは使わない

 資料を作成する際、アニメーションを使った方が「デキる奴」と思われるんじゃないかと思ってしまいがちですが、それは間違いです。アニメーションを使うと見にくい資料になってしまいますし、言いたいことが全く伝わってこないため、聴衆は飽きてしまいます。


 ですので、資料を作る際はアニメーションなどの効果は使わずとにかくシンプルな資料を作成するようにしましょう。


 


 以上、プレゼン初心者が押さえておくべきことを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。細かいテクニックを追いかけるのではなく、まずは基礎の基礎をしっかりと押さえておくようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する