1. 取引先への担当者の引き継ぎをする時の挨拶メールの書き方

取引先への担当者の引き継ぎをする時の挨拶メールの書き方


 上司や担当者の転勤や異動により、引き継ぎを行うことが決まったとき、あなたはどうしますか?ここでは、営業における担当者からの引き継ぎの挨拶メールの書き方について説明していこうと思います。

メールだけでは無作法にあたる

 営業先に引き継ぎのための挨拶のメールを送ることは、あくまで補助として利用しましょう。メールだけで引き継ぎの挨拶を行い、直接取引先に出向いたり、電話によって引き継ぎの挨拶をしないということは無作法になります。メールを送ったとしても、引き継ぎの挨拶は直接伝えるようにするほうがいいのではないでしょうか。

事務的な内容だけではなく、一言添えて

 引き継ぎメールでありがちなのが、事務的な内容に終始してしまう文面を送付してしまうことでしょう。事務的な内容だけでは、相手の心証も悪くなってしまいます。引き継ぎメールを作成するときは、必ず、事務的な内容に一言添えて送るように心がけましょう。

前任者のことに触れておくと引き継ぎがスムーズに

 営業先の方は、やはり前任者の印象が強く残っているはずです。そこで、前任者の印象や仕事内容をうまく利用し、その関係性を継承することで、引き継ぎもスムーズの進むのではないでしょうか。

文章は失礼のないように

 挨拶メールの文面ですが、ビジネスメールの礼儀作法や書き方に沿った内容であれば、書き方に関しては決まりや規則はありません。相手に快く引き継ぎを受け入れてもらえるようなメールの文章を作るよう心がけると良いのではないでしょうか。



 ここでは、営業の担当先へおくる前任者からの引き継ぎをする際の挨拶メールの書き方について説明していきました。前任者の印象や仕事内容を上手く文章中に触れることで利用することで、スムーズな流れで引き継ぎを行うことができるでしょう。直接営業先に挨拶するだけでなく、さらに引き継ぎをスムーズに行いたいという方は、ここで紹介した引き継ぎの挨拶メールの書き方を実践してみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する