1. 「話すのが苦手…」という営業マンが結果を残すために意識すべきこと

「話すのが苦手…」という営業マンが結果を残すために意識すべきこと


 営業の仕事イコール話すことが上手というわかけではないはずです。実際あまり話すことがあまり上手でない人でも営業成績は悪くない人もたくさんいます。自分は話すことが苦手だから営業には向いていないと悩む人も多いはずですが、決してそんなことはないのです。営業の基本は人間です。他の人とどう接するのかということを考えれば、自ずとやるべきことが見えてくるはずです。もちろん話すことが上手であるというのは才能ですが、才能がなくても営業ができる人もいるのです。

「挨拶」から変えてみる

 営業力を上げるために様々な研修などがありますが、それらを全てマスターすることは不可能です。ではどうやって解決するのかですが、一番の良い方法は行動習慣を変えることです。その中でも実践してほしいこと、それは挨拶です。そんなの簡単だと思うかもしれませんが、是非考えてみてほしいのです。挨拶をするのは上司やお得意様だけになっていないですか。ここがポイントなのです。誰に対しても挨拶をするのです。アルバイトで雇われているおばちゃんや同僚に対してもです。


 営業ができる人ほどできていない場合があります。同僚やアルバイトを見下している場合があるのです。営業はできるが社内では反感を買っている人がいます。それと反して、営業はそこそこだが、誰にでも挨拶をしている人では、社内の評判は誰にでも挨拶をしている人がいいはずです。人間性の問題です。取引先の相手も一人の人間ですので、話が下手でも誠実に仕事をしてくれる人を評価してくれる場合もあるのです。すぐに効果が表れるものではないですが、いつかその内に効果がきっと表れるはずです。

話を聞いたらメモを必ずとる

 もちろんそれ以外にも確認すべきことはあります。人と対話している時にメモを取らない人がいます。これも習慣を変える必要があります。メモを取る習慣をつけるのです。話をしている人からみれば、メモをとっていると一生懸命聞いているように見えるはずですので、好感度はアップします。ただ耳を傾けているだけでは、場合によっては聞いているのかという不快感を感じさせることもあります。

 

 話しに耳を傾けるが質問を一切しない人がいますが、これも良くありません。人の話を聞くだけでなく質問をすることにより、より好感度はアップです。人の話を早合点する人もいますが、話は最後まで聞くことが大事です。これも習慣化することにより、今後の営業に活きてくるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する