1. セカンドバッグが生まれ変わって帰ってきた!ビジネスマンに今『クラッチバッグ』が大人気!

セカンドバッグが生まれ変わって帰ってきた!ビジネスマンに今『クラッチバッグ』が大人気!


 90年代にサラリーマンの間で大流行したのがセカンドバッグです。そんなセカンドバッグが今、時代を超えて『クラッチバッグ』と名を変え戻ってきたのです。クラッチバッグは今、ビジネスマンにじわじわと人気が出てきており、これからその人気はさらに上昇するだろうと予想されています。現代のビジネスマンに使える『クラッチバッグ』とは、どのようなものでどのような使い方ができるのでしょうか。

社内の持ち歩きに

 クラッチバッグは小物を入れて持ち運べるようなサイズのものから、A4サイズの書類が入るサイズのものまで様々なサイズが登場しています。社内を移動する際、貴重な小物やちょっとした資料のみを持ち歩きたいけれど、鞄に入れて持ち歩くほどの荷物でもない、でも両手に抱えるには少し多すぎる、そんなときにクラッチバッグがあると大変便利なのです。

ちょっとした外出時に

 オフィスからちょっとした外出をする時などもクラッチバッグは使えます。バッグはオフィスやロッカーに置いておき、必要なものだけをクラッチバッグに入れて片手に持って外出できるので大変便利です。

バッグインバッグとして

 クラッチバッグはバッグインバッグとしても使えます。バッグの中には小物がたくさんありますよね。ノートパソコンの周辺機器などもバッグの中で散乱しやすいものです。小物をクラッチバッグの中にまとめ、バッグの中に入れておいてもバッグ内がすっきりしますし、また、貴重品をクラッチバッグの中にまとめておけば、ちょっとした外出時や社内移動時などクラッチバッグだけを出して持ち歩くこともできますね。

荷物が多いときは2つ持ちができる

 どうしても荷物が多い時がありますよね。そんなとき、書類など大きなものはバッグに入れ、小物などやこまめに出し入れするものはクラッチバッグに入れて、バッグとクラッチバッグを2つ持ちすることができます。荷物が多くて鞄がパンパンになるより2つ持ちをしたほうが、物も取り出しやすいですし見た目もスタイリッシュです。

クラッチバッグはこれからのビジネスツールに

 現在様々なブランドからも男性向けのクラッチバッグが発売されています。シンプルなものからシックなものまで様々ですので、あなたの用途に合うサイズで好みのデザインを選ぶことができます。ビジネスマンのツールとして大変使えて、かつスタイリッシュにも見えるクラッチバッグは、周りからの印象も良いのです。あなたもクラッチバッグで、スマートなビジネスマンを目指してみたらいかがでしょうか? 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する