1. 営業マンになるために必要な適性とスキル

営業マンになるために必要な適性とスキル


 営業マンは会社の顔と言われることも多く、将来は営業職に就きたいと考えている方も少なくないと思います。では、営業に向いている人とはどのような人でしょうか。また、営業に必要なスキルとはどのようなものでしょうか。

営業マンに必要な適性

 一般的に営業職に必要とされている知識は以下のようなものです。

1. 人とコミュニケーションをとることが好き 

 技術職などとは違い、営業の相手は常に「人」です。人とコミュニケーションをとることが好きな人は営業向きだと言えるでしょう。逆に、人とコミュニケーションをとることが嫌いだという人は営業には向いていないかもしれません。

2. メンタルが強い

 営業は人のコミュニケーションであり、うまく行かないときもあれば、罵声を浴びせられることもあります。そんなときいちいち挫けていたら営業なんてできません。運動部上がりの営業マンが良い成績を残せるのは、彼らに強いメンタルが備わっているからと言えます。

3. 好奇心が強い

 営業では、様々な人と接する機会があります。よって話の内容も多岐に渡ります。好奇心が強い人間は、相手の話に対して常に興味を持って聞くことができます。結果、お客様の本質的なニーズを聞き取る能力が身に付きます。

営業マンに必要なスキル

 次に、営業マンに必要なスキルです。

1. 第一印象をよく見せることができる能力

 上でも述べた通り、営業は人とのコミュニケーションが主です。初対面の相手に対して好印象を残すことが契約に大きく関わってきます。第一印象をよく見せることができる能力が必要とされます。

2. コミュニケーション能力

 当たり前のことですが、コミュニケーションをとることができなければ、相手との会話が成立しません。相手の言わんとしていることを読み取る能力、相手がほしがっている回答を伝えることができる能力は最低限必要です。




 以上、営業マンに必要な適性とスキルを紹介してきました。これらは訓練次第で誰でも身につけることができます。自分には無理だと思わず、積極的に営業にチャレンジしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する