1. 売れる営業マンの秘訣は「格好つけること」だった

売れる営業マンの秘訣は「格好つけること」だった


 できる営業マンにはどことなく「かっこいい」雰囲気があります。颯爽と会社を後にし、外回りで契約を取ってくる。たくさん契約を取って来れる営業マンはまさに会社のヒーローです。では、できる営業マンはなぜあんなに「かっこいいの」か考えてみましょう。

かっこいい営業マンはには「売れる秘訣」がたくさん

 あなたは「かっこいい営業マン」をどのように想像しますか。ビシッとスーツを着こなし、髪型もクールに決め、自信に満ちあふれている。誰もがそんな営業マンを想像するかと思います。実は、みなさんが想像したかっこいい営業マンには「売れる秘訣」がたくさん秘められているのです。

安心して誰にでも会える身だしなみ

 まずは身だしなみです。スーツの着こなし、髪型、鞄やペンなど、些細な身だしなみにまで気をつけることができる営業マンは、相手から「この人だったらしっかり仕事をしてくれるだろう」、「この人はきっと仕事ができる人だ」という印象を受けます。はじめに相手に対して好印象を与えることができれば、自分に対する警戒心をいち早く取り払うことができます。身だしなみは外見的にも自分をかっこよく見せることができます。

自信に満ちあふれた言動

 次に、内面的なかっこよさを見ていきます。よくナルシストという言葉を耳にしますが、この言葉は営業の現場においてプラスの意味を持ちます。例えば、自社に訪問営業の方が来たとします。見ず知らずの営業マンにオドオドと商品説明をされても、それを買う気はおきません。自信を持って商品を説明できる営業マンの方が信頼度も高くなります。かっこいいと言われるの多くは自信に満ちあふれており、周りの人間をあ安心させることができます。



 以上、売れる営業マンの秘訣が「格好つけること」であることを説明してきました、自分に自信を持つことができればすべての物事が楽しく感じられるようになります。まずは身だしなみから「格好つけて」みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する