1. 「運」よりも「努力」- 営業マンにとって大切な事

「運」よりも「努力」- 営業マンにとって大切な事


 営業をやっていると「たまたま電話してみたらアポがとれた」「何となく訪問してみたら契約がとれてしまった」ということがあるでしょう。そういった経験から営業には「運」も大切だと感じてしまう人もいると思います。果たして、営業に「運」は必要なのでしょうか?

大切なのは「運」よりも「努力」

 営業マンにとって大切なのは「努力」です。テレアポをする際、どうやったら相手に会いたいと思ってもらえるか、商談中もどうすれば相手に買いたいと思ってもらえるかを常に考え続け、PDCAを回していくことが営業マンには求められます。


 行き当たりばったりで行動していくのではなく、まずは一つのことを考え続け改善を重ねていき、営業マンとして力をつけていくべきではないでしょうか。

「努力」が「運」を呼び寄せる

 日々、努力をし続けていくことで「たまたま電話してみたらアポがとれた」「何となく訪問してみたら契約がとれてしまった」というようなことが起こるのではないでしょうか。


 結果的に「努力」が「運」を呼び寄せることになるのではないでしょうか。新人はビギナーズラックでアポがとれたりすることがあると思いますが、それに甘えず努力をし続けていくべきでしょう。


 


 営業マンにとって大切なことは「努力」を続けていくことです。「運」は全て結果論ですので、まずは努力ベースでの成果を積み重ねていけるようになるべきではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する