1. 営業1000人が答えた!高い給料をもらっている業種とは?

営業1000人が答えた!高い給料をもらっている業種とは?


 ひとえに営業職と言っても、当然業種によって給料に差が生じます。どのような業界の営業が高い給料をもらっているのか、リクナビNEXTが営業職1000人に対して行ったアンケートをもとに見ていきましょう。

営業1000人に対して行った給料に関するアンケート

 以下のアンケートはリクナビNEXTが25~39歳の営業職1000人に対して年収に関するアンケートを行った結果です。

リクナビNEXT:営業1000人の「年収・満足度・不安」業種別ランキング

サービス系の業種は相対的に低い

 アンケートの結果を見てみると、アパレルや旅行といったサービス系の営業職の年収が他の業種を比較すると相対的に低いことがわかります。一方、ソフトウェアや金融などの営業が上位となりました。営業という職種においても専門的な知識や経験が必要とされる業種は比較的給料が高いことがわかります。

営業職に就きたい人はその業界の給料も考慮するべき

 営業という職種はかなり一般的で、就職してからは営業をしたいという方も多いかと思います。もしも、営業もしたい、給料も高い方がいいと考える方がいるのであれば、どのような業種にいくのかを考える必要があります。アンケート結果を見ると、1位と25位の年収の差は200万円近くありますが、もちろんインセンティブ制度などによって、平均を上回る給料をもらえる可能性もあります。

将来営業で高年収を狙うなら幅広い知識を身につける

 ここでは、リクナビNEXTが営業職1000人に対したアンケートを基に、業種に対する考え方を述べてきました。自分のスキルを最大限活かせる業種を選択するのも大切かもしれませんが、将来を見据えて幅広い分野の知識をつけておくことが給料UPの鍵となるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する