1. 「営業の戦略」を考える上で参考になる本3選

「営業の戦略」を考える上で参考になる本3選


 営業マンにとって「とにかく一生懸命頑張る!」というような気合いや情熱は大切になりますが、それだけでは月々のノルマを達成することは難しいでしょう。気合いや根性だけでなく、しっかりと戦略を練って行動していくことが営業マンにも求められます。ここでは、「営業の戦略」を考える上で参考になる本を幾つか紹介していきたいと思います。

最強の営業戦略

 まず最初に紹介する「最強の営業戦略」という本は、営業力を強化することを目的に、A.T.カーニーにおける幾多のプロジェクトで有効と実証された内容を、「ものの見方・考え方の枠組み=フレームワーク」として凝縮し、体系的にまとめたものとなっています。


 フレームワークに落とし込んで学べるため、読んだ後すぐに普段の業務に活用していけるのではないでしょうか。

現場リーダーのための営業戦略のすべてがわかる本

 こちらの本は、「顧客」「自社」「市場」「営業プロセス」という4つの視点から営業戦略のテクニックを紹介してくれます。営業チームのリーダーとして働いているという人は一度読んでおくと良いかもしれません。

営業計画&目標管理の立て方・進め方

 最後に紹介する本は「営業計画&目標管理の立て方・進め方」というもので、営業を戦略的に進めていく上で大切な「営業計画」や「目標管理」の立て方、進め方を具体的に学ぶことができます。


 個人として、チームとして結果を残したいと強く思っている人は、読んでおくべきでしょう。モチベーション高く仕事に臨めるはずです。


 以上、営業戦略を考える上で参考になる本を幾つか紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。今よりももっと成果を残したいと考えているのであれば、しっかり読んでおくべきでしょう。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する