1. 【会社のマナー】相手を不快にさせない電話のかけ方

【会社のマナー】相手を不快にさせない電話のかけ方


 営業職の人は、新規顧客を開拓するために電話をかける機会が多くあると思います。その際、しっかりマナーを意識して電話をかけられているでしょうか?ここでは、電話をかける際のマナーを紹介していくので、これまで意識できていなかったという人は参考にして下さい。

一言目は「相手への挨拶」

 電話をかけた際は、まず相手への挨拶から始めるようにしましょう。これまでに何度か電話をかけている人や、面識のある人に対しては「いつもお世話になっております」、初めて電話をかける際は「お忙しいところ、突然のお電話で失礼致します」といったような挨拶から始めましょう。

相手が不在の場合

 電話かけても相手がいない時というのは、しばしばあります。その際はいつまで不在なのかを確認するようにし、伝言を依頼する、電話してもらう、こちらから電話をかけ直すなど、状況に応じて対応するようにしましょう。

外出中の場合には、
「何時ごろお戻りになりますか」
「お戻りのご予定は何時でしょうか」

出張中の場合には、
「いつからご出社になりますか」
「出社のご予定はいつになりますか」

出典: 電話のかけ方 - 大人のマナーと遊びごころ

 相手が不在の時にこそ、マナーが問われるので担当がいないからと気を抜かないようにしましょう。

お礼を言って電話を切る

 電話を切る際は「ありがとうございました」「失礼致します」といった言葉を述べてから切ります。「終わり良ければ全て良し」という言葉があるように、電話を切る時こそマナーをしっかり意識して相手を不快にさせない

ようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する