1. 【人気の理由はこれだった!】「企画・マーケティング職」の仕事内容とやりがい

【人気の理由はこれだった!】「企画・マーケティング職」の仕事内容とやりがい



 職種「企画・マーケティング」。就職サイトや転職サイトではこのような職種の求人をよく目にします。この「企画・マーケティング」という言葉になじみのある方もいれば、そうでない方も多くいるでしょう。そこで、ここでは「企画・マーケティング」という職種の方がどのような内容の仕事をしているのか紹介していきたいと思います。 

効率の良い商品流通を考える

 企画・マーケティングの仕事内容を簡単に表すのであれば「最も効率の良く商品を流通させるためにはどうすればよいかを考える」ことです。まずは自社の商品がどのような市場環境の中にいるのかを徹底的に調査し、それらの情報から、どのような製品を、どのような価格で、どのような流通チャネルを用い、どのように告知していくのかを考えます。また、新製品開発の企画の際には、消費者にどのようなニーズがあるのか、また、世間では何が流行なのかを調査し、「売れる」商品を企画します。

企画・マーケティングのやりがいと身に付く技術

 それでは企画・マーケティングという職業で感じられる「やりがい」とは何でしょうか。一番大きなやりがいとして、自分たちのマーケティング手法がそのまま商品の売り上げとして帰ってくることです。いくら会社が良い商品を生み出しても、マーケティングの手法によってはその商品の良さを活かしきれないということがあります。それほど会社にとっては重要なポジションであり、やりがいのある職種だと言えます。


 また、企画・マーケティングの方たちは常に世の中の動きに対してアンテナを張っておく必要があります。今、人々はどのような商品を好んで使っているのか、これからどのような商品が売れるのか、など世の中の流れを知ることがマーケティングという仕事の中でおおいに活きてくるからです。世の中の情報を継続して集めていくと、非常に広い視野を手に入れることができます。最近ではインターネットを用いたマーケティングも主流になってきているため、最新のインターネット技術に触れることもできます。

企画・マーケティング職に就くために必要なこと

 企画・マーケティング職に就くためにはマーケティング理論や統計学、経済学などを学んでおくと仕事に有利なこともありますが、特別な資格が必要な訳ではありません。


 マーケティング職に向いている方は、

 ・データを分析したり、数字や理論が好きな人

 ・統計学や経済学など物事を広く捉えることが得意な人

 ・新しいアイディアや自分の考えを人に伝えることが得意な人


などが挙げられます。



 上で述べた通り特に資格も必要としない職種ですが、たくさんのやりがいがある職種です。企画・マーケティングに興味を持った方は、ぜひこのやりがいのある仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する