1. 退職時に気をつけたい「上司・同僚・社外への退職挨拶マナー」

退職時に気をつけたい「上司・同僚・社外への退職挨拶マナー」

退職時に気をつけたい「上司・同僚・社外への退職挨拶マナー」 1番目の画像

 退職と一口にいっても、自己都合の退職や会社都合の退職、転職に向けての退職、結婚・出産のための退職など理由はさまざまである。

 退職理由は人それぞれだが、どんな理由であれ「退職時に挨拶すること」は必要だ。退職時の挨拶によって、退職後の会社との関係性が決まるといっても過言ではない。

 本記事では退職時の印象を左右する退職挨拶マナーを確認しておこう。

【退職挨拶マナー①】退職時の挨拶メールを送信する

【社内向け】退職挨拶メールを送るタイミング

退職時に気をつけたい「上司・同僚・社外への退職挨拶マナー」 2番目の画像

 社内向けに送る退職挨拶メールは最終出社日の終業1~2時間前を目処に送信しよう

 営業時間中や始業時に退職挨拶メールを送信してもいいが、業務をしている時間にはなかなか余裕を持ってメールを見ている時間がないことが考えられる。

 そのため、自分や社内メンバーの仕事が落ち着く頃合いを見てメールを送信してほしい。

【社外向け】退職挨拶メールを送信するタイミング

 社外向けに送る退職挨拶メールは退職の2週間〜3週間前に送るといい。

 直前に退職する旨をメールすると、引き継ぎ業務を慌ただしく行うことになってしまうからだ。

 お世話になっている取引先などの社外関係者に退職挨拶メールを送る際には、必ず余裕を持って退職挨拶メールを送信してほしい

 また、今後も付き合いがある社外関係者には、2週間〜3週間前に送る退職挨拶メールに加え、退職日の業務開始時に「本日をもって退職します」という旨と退職後の連絡先をメールすると丁寧だろう。

【社内向け】退職挨拶メールを送信する相手

 社内向け退職挨拶メールの送信先は、所属先の上司や同僚、これまでお世話になった社内他部署メンバーなどが考えられる。

 最低でも自分が所属する部署の上司や同僚には退職挨拶メールを送ろう

【社内向け/社外向け】退職挨拶メールの「宛名・件名」の書き方

 社内向けの場合は送信する人は多く、退職挨拶メールを一斉送信することになるだろう。

 退職メールの送信先が所属先の上司や同僚、社内他部署、他社と多岐にわたる場合には、宛先を明らかにしない「bcc送信」にするのが一般的だ。

 なお、bcc発信とする場合はメール冒頭に「本メールは、お世話になりましたみなさま方へbccにて発信しています」と記載しよう。

 退職挨拶メールの件名は「退職のご挨拶(〇〇部 山田)」「退職のご挨拶(〇〇社 山田)」などと、退職の挨拶が一目でわかるものがよい。

 「お疲れさまでした」「今までお世話になりました」などといった、メール内容がわかりにくい件名は避けよう。

【社内向け/社外向け】退職挨拶メールの「退職理由」の書き方

 メール内容は定型の退職挨拶文を記載すればよいが、ネガティブな内容は書かないようにしてほしい。

 たとえネガティブな退職であっても、退職理由は「一身上の都合」と書こう。

【社内向け】退職挨拶メールに退職後の連絡先を書く場合

 今後も上司・同僚とつながりを持ちたい場合には、メール最後に退職後の自分の連絡先を記載しておくとよい

 出産や子育てなどのライフイベントがきっかけの退職であれば「もし良ければ働いてもらえないか?」といった仕事のオファーをもらう可能性もあるだろう。

 結婚・出産による退職では、退職後しばらくしてから形態を変えるなどして働ける機会があるかもしれない。

 必要であれば、退職挨拶メールに退職後の連絡先を記載しておこう。

【例文】社内向け退職挨拶メール

  • 件名:退職のご挨拶(〇〇部 山田)

    本文:○○部の皆様

    お疲れさまです。山田です。
    このたび、都合により◯月末で退社することになり、本日が最終出社日となりました。

    直接皆様にご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。
    在職中は皆様からあたたかい叱咤激励のお言葉をかけていただき、感謝しております。
    本当にありがとうございました。

    最後になりましたが、皆様のさらなるご活躍をお祈り申し上げます。

【例文】社外向け退職挨拶メール

  • 件名:退職のご挨拶(株式会社〇〇 山田)

    本文:〇〇株式会社〇〇部 〇〇さま

    いつもお世話になっております。
    株式会社〇〇の山田です。

    私事ですが、都合により◯月◯日をもって退職いたします。
    ◯◯様には何かとお力添えをいただき、心より感謝しております。

    今後はこれまで学んできたことを活かしつつ、引き続き精進してまいります。

    後任は、同じ部署の〇〇という者が務めさせていただきます。

    本来であれば、直接お伺いしご挨拶すべきところですが、
    メールでのご連絡となりましたことをお詫びいたします。

    末筆ながら、貴社のご発展と○○様のますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。

【退職挨拶マナー②】人前で挨拶する際は謙虚に明るく、前向きに!

退職時に気をつけたい「上司・同僚・社外への退職挨拶マナー」 3番目の画像

 朝礼・夕礼などで退職挨拶の流れは、次の通り。

 朝礼や終業時の挨拶でもネガティブワードは禁物だ。

退職挨拶をするときのポイント#1:「簡潔なスピーチ」を心がける

 朝礼や夕礼で退職理由を詳しく話したり、思い出話を延々とスピーチで語ったりするのは厳禁。

 挨拶の時間を作ってくれたこと、挨拶を聞きに来てくれたお礼を「お忙しい中、このような挨拶の時間を作っていただき、ありがとうございます」と述べて、簡潔な退職挨拶スピーチを始めていこう。

退職挨拶をするときのポイント#2:「湿っぽいスピーチ内容」はNG!

 退職理由が転職の場合、その細かな理由をわざわざ言う必要はない。結婚・出産などのライフイベントであれば、言っても問題ないだろう。

 結婚であれば「このたび、私事で恐縮ですが、結婚のため退職させていただくこととなりました」などと述べてほしい。

 朝礼や夕礼の参加者に退職する旨を簡潔に伝えればOKだ。

退職挨拶をするときのポイント#3:「これまでのお礼」を述べる

 簡潔な退職挨拶スピーチを心がけてほしいと先述したが、これまで会社でお世話になったお礼と今後の活躍を祈る旨は欠かさず述べよう。 

 「これまで大変お世話になり、本当にありがとうございました。最後になりましたが、今後の皆さまのご活躍をお祈りしております」のような感謝と今後の活躍を祈る言葉で退職挨拶スピーチを締めくくるとよい。

【退職挨拶マナー③】菓子折りもしくはプチギフトを持参し、配りながら挨拶しよう

お世話になった人への退職挨拶にはプチギフト、その他の人には菓子折りを用意

退職時に気をつけたい「上司・同僚・社外への退職挨拶マナー」 4番目の画像

 とくにお世話になった直属の上司や同僚へは、プチギフトを贈りたい。

 プチギフトは、ハンカチなど、日々使えるものが無難だ。

 包装を丁寧にしてもらえるデパートで購入するようにしよう。

 プチギフトを贈らない場合は菓子折りを持参し、関わりがあった同僚や関係者に配りながら挨拶するといい。


 少しの心配りではあるが、退職時のマナーを守ることで退職するあなたのイメージは変わるもの。

 退職後も、どこかで元上司・同僚が仕事の取引先となる可能性だってあるのだ。

 「立つ鳥跡を濁さず」という言葉のとおり、退職することであなたのイメージを悪くしないためにもマナーを守って退職挨拶をしよう。



退職後に再就職先が決まっていないときは『DODA転職エージェント』がおすすめ

  転職活動をしながら退職の準備をする人もいれば、転職活動を終えてから退職の準備をする人もいるだろう。

  どちらの人にもおすすめしたい転職エージェントが「DODA転職エージェント」。

退職後に転職先を探すなら『DODA転職エージェント』

退職時に気をつけたい「上司・同僚・社外への退職挨拶マナー」 5番目の画像

 『DODA転職エージェント』は、営業職やメーカー、サービス業を得意としており、転職エージェント業界ではリクルートと双璧をなす規模を誇っている転職エージェントだ。

 DODAの転職エージェントは、公開・非公開に関わらずに求人情報を出し惜しみしないため、多くの企業を比較することができる。中小優良企業を紹介してもらえるのも魅力の一つだ。

 何社か内定をもらっていて転職活動を終えようとしている人は、もしかしたらまだ出会っていない優良企業を紹介してもらえる可能性も高い。

 転職活動中の人は、DODAの転職エージェントで職務経歴書の書き方や面接対策、天職活動のテクニックなどを教えてもらおう。

 DODAの転職エージェントからより実践的なテクニックを学ぶことで、面接通過率UPを目指してほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する