1. 車で営業する時に知っておきたい効率良く休憩を取る方法

車で営業する時に知っておきたい効率良く休憩を取る方法


 営業活動を行う上で新規開拓でも既存顧客への対応でも外を回るのが営業の仕事とも言えます。当然なんらかの交通手段を使わないといけないわけですが、大きく分けると電車などの公共交通機関と自動車を使っての活動ということになると思います。もちろん営業マンとしてはなかなかこのどちらの交通手段を選ぶというのは会社の意向の部分が大きいでしょうから難しい所だと思います。特に今回は車での営業時の場合にいかに効率よく休憩をとるかについて、みて行きたいと思います。

車での営業活動の特徴

 交通手段によって営業活動時のメリットとデメリットはあります。電車であれば移動中はとくにやるべき事がなければ貴重な睡眠時間ともなり得るでしょう。逆に常に公共の場を移動するわけですから、休憩時はカフェやレストランあるいは公園などを探さなくてはなりません。


 一方で車は移動時は自分で運転するわけですから、当然眠るわけにもいきません。眠ったら大変な事になってしまいます。常に交通安全に気を配りながら時間通りに相手先の所へ向かわなければなりません。しかし車の場合は、車内というある意味パーソナルな空間がありますので、工夫次第では快適で効率のいい休憩をとる事も可能となってきます。

車営業での効率のよい休憩の取り方

 車での営業時に効率のいい休憩の取り方とはどういった方法が考えられるでしょうか。まず休憩の間隔ですが、もちろん頻繁に休憩していたのでは売上につながらないので、適度な間隔という事になります。比較的都市部であれば、ショッピングセンターなどがありますので、そこで昼食や飲料を買うついでに休憩を取る事もいいでしょう。


 その際もなにも買わずにスーパーやショッピングモールの駐車場にいると、最悪は不法侵入なんて事にもなりかねませんので(実際は通報される事は極めて稀でしょうけども)、なにかを買うのが前提となるでしょう。そしてあまり長い時間そこに留まるのはやはりマナー違反だと思います。また郊外や山間部などはこうした商業施設がなかなか無い場合があります。その際に有用なのが「道の駅」です。道の駅は自治体などが主導で幹線道路沿いに設置されるドライバーのための休憩施設や物産店などが複合した施設です。


 こうした場所だと、トイレと飲料や多くの場合、食事も可能になっています。このトイレ水と食料が同時に確保できる駐車スペースというのは車の営業時に効率のいい休憩をとるのに必須の拠点と言えるでしょう。加えて、会社の規則に反しない範囲で、休憩時にサンシェードなどのプライバシーを確保するものを窓に設置するのもいいかも知れません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する