1. 飛び込み営業の心得は「自分を売る!」

飛び込み営業の心得は「自分を売る!」


飛び込み営業の心得

 飛び込み営業の心得といえば、礼儀正しいのは当然ですが、礼儀正しさの中にもずうずうしさが必要です。遠慮していてはいけないのです。まずは相手に会うことが先決です。そして無事に会うことができたら、ここからが腕ののみせどころです。腕をみせるということは自分を売るということです。商品を売るのが最大の目的ではありますが、いきなり本題に入っても、まず誰一人としてすんなり購入してくれる人はいないはずです。

熱意を込めて話す

 当然相手は警戒しますので、その警戒心をなくす必要があります。そのためには自信をもって、そして熱意を込めて営業しなければならないのです。この商品はすばらしいものと思い込むのです。そんなすばらしい商品なのでぜひ購入してほしいと熱意を込めるのです。本当のところはそんなにいい商品と思えない場合もあるはずですが、そう思っているうちは相手にも見透かされてしまいます。この際に実物の商品をみせるにしろ、パンフレットを見せるにしろ、必ず手渡しをすることが大切です。そして目に触れさせるのです。

1回の訪問で買ってもらおうと思わない

 よく商品説明だけを自分でして、最後にチラシなどを置いていく人がいますが、その場合はほとんどの人がそのチラシをそのまま捨ててしまうことが多いのです。このまま一気に販売したいところですが、無理はいけないです。無理して販売しようとすると、場合によっては裏目にでることもあります。とりあえず無理をせず、名前だけはしっかり覚えてもらうようにするのです。



 商品説明をする場合に断られるケースもありますが、ここですんなり引き下がっては駄目です。必ず質問を投げかけるのです。質問を投げかけることにより、会話は続けれるのです。しかし、ここで無理はしないことです。相手が明らかに嫌がっている様子なら引くことも大事です。ただし、引くにしても名刺を手渡すぐらいのことはやってのける必要があります。


 飛び込みの営業は1回目で成約となることはまずあり得ないのです。とにかく第一段階は名前を覚えてもらうことが大切で、肝心の商談は最短でも2回目です。相手によってもう少し回数を増やす場合もあります。とにかく何度も訪問し、販売したいという熱意をアピールするのです。もちろん販売することがお客さまにメリットがあることを伝えるのです。何度か会っているうちに、会話の中で冗談でも言えるようになれば、ゴールは間近です。あせらずにじっくりと責めることが飛び込み営業の心得なのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する