1. 新人の営業マンが挨拶をする際に気をつけるべきこと

新人の営業マンが挨拶をする際に気をつけるべきこと


 新人の営業マンが挨拶周りで気をつけることはいくつかありますが、その中でも重要なことは話すことです。もちろんいろいろな人とです。営業で大切なのは人間関係を構築することです。それが出来なければ営業では成功しないはずです。厳しい言い方ですが、交友関係を広めることができずに引っ込み思案な人には向いていないという職種になります。しかし、それでも頑張りたいというのなら、考え方を変える必要があります。

ハキハキと元気に喋る

 ではどうするのかですが、とにかく新人の営業マンは元気が大切です。いろいろな挨拶周りで大変かもしれませんが、元気にハキハキとしゃべることです。そして気軽に話しができる友達を作ることです。当然話をする時は相手の目を見て話をするのです。間違っても、顔だけ相手に向けて身体は違う方向ではしゃべってはいけないのです。これは相手を不愉快にさせることになりますので、きちんと体も相手に向けて対面で相手の目を見て話をするのです。これは営業だけの話ではないのです。社会人としてのマナーです。

敬語の使い方を勉強する

 そしてもう一つ大切なことは、敬語などの言葉使いを勉強することです。言葉遣いは知らずに相手を不愉快にさせる場合があります。もちろん会社内でも研修などはあるはずですが、研修があるなしの問題ではないのです。社会人として当然のことです。代表的な間違いに「ご苦労様」という言葉があります。


 時折若い女性が外回りの営業の人に「ご苦労様でした」と笑顔で話すシーンを見かけますが、これも相手によっては不愉快な思いをしているはずなのです。若いからと理解してくれる人もいるでしょうし、「こいつは俺をなめてるのか」とムカつく人もいるはずです。理由はこの言葉の使いかたにあります。「ご苦労」という言葉は目上の人が目下の人に対して使う言葉だからです。悪気はないはずですので、大事にはならないはずですが、そのようなと時には、そっと教えてあげる必要があります。

お辞儀の角度にも注意!

 最後に新人の営業職員が挨拶周りで気をつけることはおじぎです。これは角度の問題もありますが、頭で理解するものではありませんので注意が必要です。相手によっておじぎの角度は違います。それが本当にできているのか確認をする必要があります。かといって同僚などに聞くのも恥ずかしいものです。


 これは自分自身で確認する必要があります。鏡を使用してきちんとできているかどうか確認する必要があります。大したことではないと思う人もいるよですが、人によっては作法ができていないことに対して怒る人もいます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する