1. 英語のプレゼン時にアジェンダを使うコツ

英語のプレゼン時にアジェンダを使うコツ

 英語でのプレゼンは日本人にとってとてもハードルが高いものです。人前で話すことが苦手な人が多い国民性ですから、ただでさえプレゼンは嫌がられるものです。なのに、それを英語で・・・となると、気が重くなります。確かに英語でのプレゼンは大変なのですが、その大変さを少しやわらげる方法があります。それは、プレゼンのアジェンダ(アウトライン)を示すことです。

アジェンダとは?

 アジェンダとは目次のようなものです。プレゼンの内容にかんする要点を箇条書きにしたものです。理想はこのアジェンダを一文にまとめたものがプレゼンで最も言いたいこと(Take-home-message)になります。日本的なストーリーですと結論は最初に示さずに期待させておくというものになるかもしれません。しかし、英語のプレゼンではとにかく結論をズバっと最初に示すほうがいいのです。アジェンダはまさに結論ですので、アジェンダをプレゼンの最初のほうで提示することは聴衆の理解を助けることになります。

英語でのアジェンダのコツ

 では英語でのアジェンダのコツとは何でしょうか?実は日本語とあまりかわりません。これから話すことを順番に示すだけですから。しかし、アドバイスとしては格好つけないようにと言いたいと思います。格好つけるというのは美しい英文を書こうとか、ちょっと洒落た英文にしようとか、そういう格好です。なぜなら、聴衆はパッと表示されたスライドの文章をそんな短時間で読みきれるものではありません。短いほうがいいのはネイティブスピーカーでも同じです。私のおすすめは「文章にしない」ということです。例えば
、


1. Corporate conversation is an essential element of company strategy.


2. Internal conversation is a system for achieving business objectives.


3. Individual conversation skills are a common value.



 というアジェンダがあったとき、このような文章にするよりも


1. Corporate conversation as an essential element of company strategy


2. Internal conversation as a system for achieving business objectives.


3. Individual conversation skills as a common value.



 のように文ではなく句にするほうがいいです。さらに


1. Corporate conversation -----> essential element of company strategy


2. Internal conversation -----> a system for achieving business objectives.


3. Individual conversation skills ----> a common value.


 などと、あえて英語をくずして視覚的にわかりやすくするのは更によいです。アニメーションを利用すると話すときのタイミングもあいやすく良いでしょう。
英語でプレゼンだから必ず英文にしなければならないということはありません。わかりやすいスライドを心がけることが何より大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する