1. 営業マンにおすすめな時計の選び方

営業マンにおすすめな時計の選び方


営業マンと時計の必要性

 営業マンの方々は、きっと日々過酷な営業活動に励まれていることでしょう。営業をする上で様々な越えるべきハードルが毎日のように出てくることも多いと思います。そんな営業マンにとってどんな時計が最適なのか、またおすすめの時計などについて考えてみたいと思います。そもそも営業マンにとって時計って必要なのでしょうか?これはやはり必要ということになります。

時間の把握にスマホじゃだめなのか

 営業マンにとって、時計はなぜ必要と言えるのでしょうか?これは言うまでもなく時間に正確に行動するという事に尽きるでしょう。この点は社会人として、また営業職としても至って当たり前の部分だと思います。アポイントをとった先に訪問する際にも、そもそも現在の時間が正確にわからなければ約束の時間に約束の場所に確実に行くことは困難になります。


 一方で、最近は腕時計に頼らずとも様々な方法で時間を確認できるようになりました。その最たるものが、携帯電話(フィーチャーフォン)やスマートフォンです。そうしたモバイル端末はネットワークを通じて時刻を同期しているものが多く、そうしたものは非常に正確な時間を表示してくれます。ですが、ここであえて営業マンは時間を把握するのに腕時計であるべきだと主張したいと思います。


 なぜなのか、これにはいくつかの理由があります。まず、時計というのは趣味の品という以上に社会性の象徴でもあります。特に社会人や営業マンであれば、腕時計は社会性のシンボルとしての意味合いがあるでしょう。自分は時間に正確な人間ですということのひとつの表現となるからです。また、商談が立て込んでいる日などは、商談相手に知られずに今の時刻を知るテクニックも必要となります。


 これはある程度の熟練が必要ですが、腕時計なら可能です。これがスマホならどうでしょうか。そもそも商談中にスマホを出していじるというのはスマホ自体の製品プレゼンでも無い限り、なかなかあり得ないのではないでしょうか。その意味でも腕時計は活躍するのではないでしょうか。


営業マンにおすすめの時計

 では、営業マンにとっておすすめの時計とはどういったものでしょうか。これは営業マンとしてあまり派手なものではなく、むしろ抑え目なものがいいでしょう。特に営業マンは顧客よりもあまりいいものを持つべきではないという一般的な暗黙の了解があると思います。もちろん、商談時に使っている時計の価格の比較をするわけではありませんが、無難なものにすべきでしょう。


 可能なら、国産メーカーの価格の上でも抑え目なもの、デジタルよりはアナログ、ラバーや樹脂のベルトよりは皮や金属のベルトの時計がおすすめです。デジタルでも金属のベルトであればビジネス用途では無難であると思います。ソーラー電波時計も手ごろな価格のものが増えてきましたし、デザインも豊富になってきました。機能的にも正確な時刻を把握でき、バッテリー切れの心配も無いですからおすすめです。いずれにしろ、あまり主張しすぎず、ビジネスマン、セールスマンとして常識的な時計がおすすめかと思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する