1. 営業の担当変更が起こった際の挨拶の仕方

営業の担当変更が起こった際の挨拶の仕方


 営業担当が変わる。こういうケース非常に多いですよね。その時の挨拶のノウハウは一体どの様なものがあるのでしょうか?ここではポイントを3つに絞り上げて紹介していきます。

1. 営業の引き継ぎを完璧にする

 大事なポイントは最大限お客様の情報をつかんだ上で挨拶をすることです。どういうタイプか?どういう家族構成か?趣味は?なぜ依頼しているか?今の担当者との関係は?位置関係は?など色々把握した上での挨拶をすることです。クライアントの方がいやがることとして、何度もクライアントが担当者に同じ説明することは非常に面倒くさいです。


 引き継ぎがスムーズにされておけばクライアントに余計な作業や説明させなくていいわけです。挨拶の前準備の段階、これは非常に大事な部分です。相手を知り己を知れば百戦危うからずの相手の部分ですので、営業担当の変更の挨拶の前にしっかり把握しておきましょう。 

2. 身嗜みに気をつける

 これは営業の担当変更の挨拶だでなく、どういうシチュエーションの時でも基本ですが、髪を綺麗に整える。折り目のついたシャツをきて、ズボンをはく。フケに気をつける、髭に気をつける、ネクタイの緩みないかチェックする、匂いに気をつける、香水のつけすぎに気をつけるようにしておきましょう。


 先ずは外見、身なり、匂いをちゃんとしてしっかりした人と認識して貰うことです。ひいきめに見ても人間は視覚でほとんど決まります。そして第一印象大事なポイントです。営業の担当変更の挨拶においても十分に当てはまります。むしろこれは人間関係の根本的なもので、一番気をつけるポイントなのです。相手を知り己を知れば百戦危うからずの己を知り整える部分です。ばっちり抜かりなくやりましょう。

3. お客様に担当換えは有益だと思ってもらう

 営業の担当変更の挨拶をする時にクライアントは対応が悪くならないだろうか?損するのでは?そんな気持ちは絶対有ると思います。なので前任の担当者と比べていい部分をさりげなくアピールすること大事です。その人の強みを嫌みに絶対ならないようにさりげなくアピールする。


 そして今度の担当変更が有益だったとクライアントに思ってもらう事が大事なポイントです。人は基本変化を望まないです。担当変更により状況がクライアントが良くなると思ってもらうことで面倒な引き継ぎにも快く対応してくれるものです。あなたのセールスポイントをさりげなく伝えて、いい関係を作りましょう。



 いかがだったでしょうか?以上が営業の担当変更の挨拶をする時のノウハウです。基本的な事が多いですが、当たり前の事が当たり前に出来ることが大事です。マナー、基本的なことが出来ることが信頼されるポイントです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する