1. 営業に転職する際の志望動機で大切なこと

営業に転職する際の志望動機で大切なこと


ガッツがあることを強調する

 営業職というのは大変な仕事です。求められるスキルも実に様々で、協調性や忍耐力、行動力など 実に様々ですが、営業に転職を希望する志望動機で大切なことはやる気です。やる気なら誰にも負けないという意気込みが大切ですが、正直にそういってみても、いまいち信憑性に欠けます。より強調するためにも、はやり志望動機は具体的に示す必要があります。


 まずはチャレンジ精神です。過去の経験などの話からこれまでの自分を自己主張し、その上でこれまで活かしたスキルなどを活かしてみたいことを強調します。この場合に考えられるケースとしては、営業に初めてチャレンジする人です。自分がどこまでやれるか可能性を広めたいことを強調します。志望動機で忍耐力を強調する人もおり、主に体育会系の人がよく使います。部活などでの活躍ぶりを強調する方法で、ガッツがあることを強調しましょう。

会社自体に興味があるとアピールする

 会社の商品に興味をもったことを強調するパターンもあります。今後の会社の成長とともに自分も成長したいというような 話法で切り出します。当然商品の内容はよく研究する必要があります。そして積極性をアピールする方法もあります。これまでの経験を説明し、自分が積極的な人間であることを強調する方法です。中にはこれまでの経歴をアピールする人もいます。


 これらのようアピールする方法は何通りもありますが、いずれにしても営業に必要なものを自分が持っているという話し方が必要です。単なる興味本位である、他に仕事がないというような言い回しはタブーです。営業に転職することは容易なことではないのです。数字が伸びなくてやめていく人もたくさんいますが、成功している人たちは我慢強くコツコツと自己研鑽を重ねてスキルを身に付けていっているのです。


 ですので営業に必要な要素を自分が持っていることをより強調するためにも、これまでの経験で説明し、希望する会社の動きをしっかり見つめることが大切です。


 最後にいろいろな営業職があります。職種が変われば勝手も当然違いますので、自己アピールもケースバイケースです。しかし、その根底には やる気がなければなりません。これはどんな職種でも求められることです。どんなにすばらしい肩書きがあってもやる気が感じられなければ採用されることもまずないはずです。仮に採用されるならそれは特殊な技術力などがある人、そうでない人はガッツあるのみです。気持ち負けしてはいけません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する