1. 【男性向け】ビジネスシーンごとにスーツを着分ける!スーツの色によって与える印象ががらりと変わります!

【男性向け】ビジネスシーンごとにスーツを着分ける!スーツの色によって与える印象ががらりと変わります!


 あなたは普段何色のスーツを着ていますか?実は、スーツの色によって相手に与える印象ががらりと変わってくるのです。それをわきまえておけば、あなたは大切な場面で適切なスーツを選ぶことができるようになるのです。それでは、スーツの色と相手に与える印象はどのような違いがあるのでしょうか?見ていきましょう。

【ネイビー】誠実で知的な印象に

 ネイビーは真剣さや誠実さをアピールできるカラーです。ネイビーは相手に知的な印象を与えることができるので、面接や重要なミーティング時にはネイビーがおすすめです。

【グレー】誠実で落ち着いた印象に

 グレーは誠実な印象を相手に与えます。濃いグレーほど落ち着いた印象になり、明るめのグレーになるほどカジュアルな印象になりますので、グレーもネイビーと同じような印象を与えるカラーになります。グレーを面接時や重要なミーティングの場などに着用する際は、をダークグレーのスーツを着用すると良い印象を与えることが出来ます。

【ブラック】力強い印象に

 ブラックは力強いメッセージ性を送り出す色です。ブラックスーツが周りに与える印象は、真面目・真剣・本気・パワフルといった印象です。ブラックは使い方によりおしゃれにも単調にもなるカラーなので、地味にまとめすぎてしまうと逆に面白みがない、つまらない印象を当たれてしまうことがあります。シャツやネクタイにカラーを取り入れると、明るい印象が出せます。ブラックは一番無難な色に感じますが、そのまま無難にまとめてしまうのではなく、シャツやネクタイなどの色合わせで着こなしを楽しみましょう。

【パープル】上品なイメージに

 パープルは上品さやエレガントさなど、気品高いイメージを与えます。ビジネスの交渉の場など、将来的な可能性がある、という印象を与えたい場にはパープルがおすすめです。

【ブラウン】温かみを印象づける

 ブラウンは温かみと落ち着きを印象付け、緊張感を緩和させてくれる色です。ブラウンスーツを着るとその人の持つ風格や渋みが際立ちますので、キャリアを積んだビジネスマンほど、似合う色と言えます。ブラウンスーツが着こなせる上司になるのはビジネスマンの夢でもありますよね。



 このように、着用するスーツの色により相手に与える印象は変わってきます。それぞれのシーンごとに、その日着用するスーツの色を選んでみてもよいかもしれませんね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する