1. 【私語は慎む!】エレベーター内での守るべきマナー

【私語は慎む!】エレベーター内での守るべきマナー


  エレベーター内では、上司に対してなど様々なマナーがありますが、意外と見落としがちなマナーを紹介していきます。

私語は慎む

 当たり前かもしれませんが、同僚といる時でも他の人がエレベーター内では、私語は慎むようにしましょう。会社の情報をうっかり漏らしてしまうなんてことも起きません。

混んでいる場合は、目的の階のボタンを押してもらうのがマナー

  強引にボタンを押したり、無理矢理自分でボタンを押そうとするのではなく、ボタンの前に立っている人にお願いして押してもらいましょう。無理矢理割り込もうとするのは、相手に迷惑ですのでボタンを押してもらうのが正しいマナーです。

携帯電話の使用を控える

 携帯電話は、ONの状態にしているだけで微弱な電波を発しています。飛行機や電車の中では機器が誤作動を起こす可能性や心臓ペースメーカーなどの機器に影響を及ぼしますが、エレベーターも同様です。相手の方のためにもマナーを守って良い環境を作りましょう。

書類などはむき出しにしない

 紛失や盗み見を防ぐためにも袋やファイルに入れて持ち歩きましょう。そのような情報を見たくない人もいるのでその人も考えて行動しましょう。



 マナー全てに共通することですが、相手のことを考えて行動するということがとても大事です。お互いがお互いのことを考えて行動すればより良い関係を作ることが出来ます。まずは自分から意識して守ってみてはいかがでしょうか!



U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する