1. 会社の飲み会で使える!居酒屋に電話予約する際の時間帯のマナー

会社の飲み会で使える!居酒屋に電話予約する際の時間帯のマナー

会社の飲み会で使える!居酒屋に電話予約する際の時間帯のマナー 1番目の画像

 若手ビジネスパーソンは、会社の上司や同僚、クライアントと飲みに行く機会が多いもの。

 忘年会や新年会、歓送迎会のシーズンともなれば、居酒屋の予約は若手ビジネスパーソンに任される場合がほとんどだ。

 本記事では、居酒屋の予約をするのに最適な時間と予約時のマナーを紹介したい。

居酒屋の電話予約マナー①:開店の1時間前くらいがベスト

会社の飲み会で使える!居酒屋に電話予約する際の時間帯のマナー 2番目の画像

 開店の1時間前であれば、料理の仕込みがある程度終了して落ち着いている時間だ。

 そのため、開店1時間前は電話対応をしやすいタイミングであると考えられる。

席や料理のことで相談事項がある場合は“時間帯”に注意!

 また、落ち着いた時間に電話することで、座席に関する相談などにも乗ってもらいやすくなる。

 大人数の宴会の予約や、コース料理のことで相談事項がある場合には、居酒屋が落ちつている時間帯を狙って電話してみるのがベストだ。

 また、ランチ営業をしている居酒屋であれば、ランチタイム終了の時間帯も狙い目である。

 席や料理のことで要望がある場合は、時間帯にいっそう気を遣って居酒屋に電話してみよう。

居酒屋の電話予約マナー②:19時〜20時は避ける

会社の飲み会で使える!居酒屋に電話予約する際の時間帯のマナー 3番目の画像

 居酒屋の予約を電話をする際、19時〜20時の間に電話をかけるのは避けよう

 何故なら19時〜20時の時間帯は予約客や新規客の来店が相次ぐタイミングで、居酒屋が最も混雑する時間帯だからだ。

19時〜20時のピークタイムは席や料理の相談は避ける

 電話対応してもらえないということはないが、居酒屋のスタッフは慌ただしくしているため、ゆっくり話を聞いてもらえない可能性が高い。

 席や料理のことで相談事項がある場合、19時〜20時の時間帯はとくに避けておきたいところだ。

居酒屋の電話予約マナー③:相手のことを考えて電話する

会社の飲み会で使える!居酒屋に電話予約する際の時間帯のマナー 4番目の画像

 上述した2つのマナーで相手の状況を少し考えて上で予約の電話をすれば、スムーズに居酒屋の予約もできるだろう。

 これらに加えて、ワンランク上の大人には、居酒屋のスタッフを気遣った一言を添えてもらいたい。

電話予約時に使いたい「お忙しいところ、すみません」「楽しみにしてますね」

 どんな時間であっても、準備で慌ただしくしているスタッフに「お忙しいところ、すみません」といった言葉をかけられると、とてもスマートな印象を与えることができる。

 また、電話の最後に「楽しみにしてますね」と加えると、より好印象になるはずだ。


 電話予約時の“始まりと終わり”が重要であるように、宴会当日も“始まりと終わり”に気を遣ってみよう。

 「今日はよろしくお願いします」「ごちそうさまでした!今日はありがとうございます」などとスタッフに言えるビジネスパーソンは、きっと上司からも一目置かれるはずだ。

 本記事を参考に、居酒屋のスタッフに気遣った予約電話ができるビジネスパーソンを目指してほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する