1. 営業マンが持っておくべきスーツの数とは?

営業マンが持っておくべきスーツの数とは?


 営業マンにとって「スーツ」は必ず持っておかなければいけないアイテムの一つですが、何着ほど持っておくのが良いのでしょうか。ここでは、営業マンが持っておくべきスーツの数いついて紹介していきたいと思います。

5着ほど持っていると良い

 週休2日と考えた場合、会社に出勤する日数は5日ですので、5着のスーツをローテーションで着こなしているという営業マンが多いです。同じスーツを着続けていると、シワが出来てしまい相手の印象を悪くしてしまいかねないので、5着をローテーションで着回していくくらいが営業マンにとって丁度良いのではないでしょうか。

バリエーションも増やす

 同じような色、同じような柄のスーツを5着持つのではなく、黒や紺といったように違った色のスーツや無地とストライプ柄といったようにスーツのバリエーションも増やしておくと良いでしょう。


 無地とストライプ柄のスーツでは相手に与える印象も異なってくるため、営業先によって変えてみることで、相手との関係も築きやすくなるのではないでしょうか。

セールなどを有効活用し手に入れる

 洋服の青山などではスーツ2着目半額セールなども行っていたりするので、そういったセールを上手く活用すれば、スーツの数も増やしていけるでしょう。数十万円の良いスーツを2着持っているよりも、2万円くらいのスーツを5着くらい持っていた方が良いと思います。営業マンは質ではなく量をとり、安くスーツを手に入れられる時に手に入れるようにしましょう。



 以上、営業マンが持っておくべきスーツの数を紹介してきました。相手との関係性を築くことが大切になる営業マンだからこそ、身だしなみには気をつけたいものです。スーツを上手に着回して、相手の印象を良くしていけるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する