1. 営業が退職する際の取引先への挨拶の仕方

営業が退職する際の取引先への挨拶の仕方

営業が退職する際の取引先への挨拶の仕方 1番目の画像

退職する前にお客様先へ挨拶しに行く

 退職する3週間前から最低でも2週間前には、お客様の所へ「退職します」といった挨拶をしよう。

  なぜ3週間前に行くかというと、後続の担当者の特徴を教える必要があるためだ。

 以前、私が勤めていた会社に1週間前になって退職しますと急に言ってきた後輩がいた。

 後輩は役員の面々には「1ヶ月前には退職する」という旨を伝えていたが、現場の営業マンには何にも言ってこなかったのだ。

 そのため急遽スケジュールの変更をして後輩が担当していたお客様先に挨拶に行ったり、後輩からお客様の特徴を聞くなどあの時の状況は今でも経験したくないほど厳しいものであった。

 退職しようと考えている人は、退職が決まったその日には伝えるべきだが、周辺の整理のことも念頭に入れて3週間前ぐらいには引き継ぐ営業マンに伝えた方が良い。

 その時、メモ帳でも何でも構わないので、クライアントの特徴を記したものを渡してほしい。

 例えばこのクライアントは社長は厳しいが専務に就いている社長の奥さんを説得すれば取引はできる、もしくは社長の好物はこれだから持って行けば喜ばれる等、自身しか知らないような情報を相手に伝えるとその後の取引も円滑に進むはずだ。

クライアントへの挨拶の仕方

 退職のご挨拶に行くと必ずと言って良いほど退職理由を聞かれることが多い。

 その場合、決してマイナスな発言はしないように気をつけよう。

 もしマイナスの発言、例えば仕事が苦しい、もしくは一身上の都合と言ってしまうと、「この会社は過酷な労働を社員に課しているのだな」と会社の評判を落とすような結果を招いてしまう可能性が出てくる。

 例え嘘でも良いため、前向きな退職理由をクライアントには伝えよう。

 例として、今度はこのような会社に転職して自身のスキルをより高めて行きたい、家族やお子さんができたという人なら、家族のためにもっとお金を稼ぐために違う会社にうつりますなど、前向きな発言をしてほしい。

 また、挨拶の際には、今後の付き合いを担当する先方の社員も同席するかもしれない。

 取引先の担当者には、後続の営業スタッフの特徴を伝えておこう。スタッフの特徴を伝えるときに、短所ばかりをいってしまうのはご法度。

 最初に短所を言ってその後に長所を述べるなどして、長所の印象は強く残そう。

 例えば、「後続の営業担当は口数は少ないですが、仕事に対しては人一倍一生懸命に取り組みます」というような話し方をすると良いだろう。

営業職で年収UPを狙うなら、優良企業の求人が揃う「DODA」!

営業が退職する際の取引先への挨拶の仕方 2番目の画像

 転職活動をしながら退職の準備をする人もいれば、転職活動を終えてから退職の準備をする人もいるだろう。

 どちらの人にもおすすめしたい転職エージェントが「DODA転職エージェント」

 営業職やメーカー、サービス業を得意としており、転職エージェント業界ではリクルートと双璧をなす規模を誇っている転職エージェントだ。

 DODAの転職エージェントは、公開・非公開に関わらずに求人情報を出し惜しみしないため、多くの企業を比較することができる。中小優良企業を紹介してもらえるのも魅力の一つだ。

 何社か内定をもらっていて転職活動を終えようとしている人は、もしかしたらまだ出会っていない優良企業を紹介してもらえる可能性も高い。

 転職活動中の人は、DODAの転職エージェントで職務経歴書の書き方や面接対策、天職活動のテクニックなどを教えてもらおう。

 DODAの転職エージェントからより実践的なテクニックを学ぶことで、面接通過率UPを目指してほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する